研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
・ライブ配信:2024年10月26日(土)13:00~16:00 ・アーカイブ視聴期間:無期限
会場
オンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「学校と保育の現場で活用するティーチャーズ・トレーニング入門」
備考

■概要

 親が子どもとのかかわりに方について体験的に学ぶ手法にペアレント・トレーニングがあります。ペアレント・トレーニングは、行動に焦点を当てるアプローチ方法が基礎になっており、現在は、子育てに限らずに保育や教育の現場でも効果的な支援方法として応用されています。これをティーチャーズ・トレーニングと言います。

 ティーチャーズ・トレーニングは、叱ることによって生じる「支援の悪循環」を、ほめることによって生じる「支援の好循環」に変えるために、子どもの行動に対するほめ方のポイントや工夫について学びます。また、ティーチャーズ・トレーニングは保育カウンセラーやスクールカウンセラーによる先生(支援者)へのコンサルテーションとしても役立ちます。日々、現場で苦戦している先生(支援者)から子どもとのかかわり方について相談されたとき、具体的で分かりやすい助言をすることができるようになるからです。

 本研修会は、保育や教育現場で起きることが多い場面や、架空事例を用いながら「ワーク」「シェアリング」を中心に進行します。参加者同士で意見交換をしながらティーチャーズ・トレーニングについて考えてみましょう。

 以下の方に特におすすめです。保育士、幼稚園教諭、教師、児童館職員、学童保育指導員、スクールカウンセラー、保育カウンセラー等の子どもを支援する仕事に就いている方。または、そのような分野について興味のある方。

*グループワーク・グループディスカッションの時にはカメラとマイクをONでお願いします。

■本セミナーで学べること

・子どもの支援をする人に対するコンサルテーション

・ティーチャーズ・トレーニングの理論

・ティーチャーズ・トレーニングのやり方

■講師

深澤大地 先生

 所属:富山県こどもこころの相談室 代表

 資格:臨床心理士、公認心理師

 学歴:東京福祉大学大学院(臨床心理学修士)

 所属学会:日本心理臨床学会、日本遊戯療法学会、日本精神分析学会、富山県公認心理師協会(旧富山県臨床心理士会)前理事

 経歴:大学院修了後、つくば市教育相談センターの教育相談員として臨床をスタート。野田市ひばり教育相談、千葉県スクールカウンセラーを経て、2011年に富山県総合教育センター客員研究主事として招聘。2017年に「富山県こどもこころの相談室」を開業。地域の公的機関と協働したペアレント・トレーニングや、開業臨床でのペアレント・トレーニングを実践。また、保育所や小学校等においてティーチャーズ・トレーニングを活用した臨床活動を行っている。

■日時

・ライブ配信:20241026日(土)13:0016:00

・アーカイブ視聴期間:無期限                                                                                                                                          

■参加費

3,000

体調不良、急用、家庭の用事など個人的な理由であってもキャンセルの場合には返金します。

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

・自治体などで請求書払いが必要な方は このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までメールでご連絡ください。

■オンライン開催

・ライブ配信はZoomを用いています。

・アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。子どもの支援やコンサルテーションなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新ポイントのために必要な要件を満たしてないので、ポイントは取得できません。

■申し込み期日

・ライブ配信に参加の方:20241026日(土)まで

・アーカイブ視聴を希望の方:無期限

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com/

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

■詳細と申し込み

参加希望者は以下から申し込みください。

https://s-office-k.com/product/semi-teachers-training

追加情報

開催日程
無期限
会場
オンライン
テーマ
「表現アートセラピーを学び体験する」
備考

オンラインセミナー「表現アートセラピーを学び体験する」

■概要

 表現アートセラピーは様々な媒体(絵画、造形、ダンス、サウンド、ドラマ、ライティングなど)を用いる芸術療法で、1970年代のアメリカを中心に発展した新しい療法です。

 パーソンセンタード表現アートセラピーは、カール・ロジャーズの娘であるナタリー・ロジャーズがパーソンセンタード・アプローチの理論をベースに、1980年代に確立した芸術療法で表現そのものや表現プロセスにおける自己治癒力を重視しています。中でも特に身体性を大切にしています。また、様々な媒体を時間を置かずに併用し自身の深み(無意識、霊性)に触れていくプロセスはクリエイティブ・コネクションと呼ばれ、大変特徴的です。

 これらは芸術的表現を用いる中で人の生の中核に触れ、心やからだ、魂にホリスティックに関わりながら、人の肯定的変化をもたらそうとする行為といえます。

 とりわけ身体性や表現する人が自由に自己を表出できるかを重要視しますので、表現しやすい場(環境)をいかに構築するかに最大限注意を払います。適用範囲は広いですが、特にグループワークが効果を発揮する療法です。

 今回のセミナーではパーソンセンタード表現アートセラピーの基礎知識をお伝えし、実際にワークを通して、体験的に学んでいくことができます。

(注)以前に開催した「表現アートセラピーを学ぶ」と「表現アートセラピーを体験する」の2つのセミナーを合わせたリバイバル公開です。

・レジュメの一部

前編 https://s-office-k.com/wp/wp-content/uploads/2021/10/art-therapy-resume-sample.jpg

後編 https://s-office-k.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/20230321semi-experience-art-therapy-resume-image.jpg

・セミナーの一部

前編 https://www.youtube.com/watch?v=Kx2XXJpfNT0

後編 https://www.youtube.com/watch?v=GIwaBo2GAGM

■本セミナーで学べること

・表現アートセラピーの基礎知識

・表現アートセラピーの技法

・表現アートセラピーの実際

・表現アートセラピーの臨床的な応用

■講師

水間みどり 先生

 所属:“わたしに還る宿 古民家羅美” 代表、国立法人医療センター附属看護学校、私立中学高校スクールカウンセラー

 資格:臨床心理士、公認心理師、表現アートセラピスト

 学歴:龍谷大学大学院文学研究科〈臨床心理領域〉修了(教育学修士)

 所属学会:日本心理臨床学会、日本人間性心理学会、International Expressive Arts Therapy Association、京都府臨床心理士会

 経歴:2000年に表現アートセラピーに出会い、自身の変化を身をもって体験したため、本来の自分を取り戻すためのツールとして表現アートセラピ―をより多くの人に知ってもらいたいことと、より多くの人が自分の潜在力に目覚め、気づいていってほしいとの思いから、現在は京都府北部の古民家で自然と触れ合いながら、アートセラピーを含む幅広い体験のできる宿の経営とともに、月一のサロンなどの活動もしています。

■収録時間

7時間

■アーカイブ視聴期間

無期限

■参加費

5,000

体調不良、急用、家庭の用事など個人的な理由であってもキャンセルの場合には返金します。

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

・自治体などで請求書払いが必要な方は このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までメールでご連絡ください。

■オンライン開催

アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。アートセラピーや芸術療法などに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント取得可能です。

■申し込み期日

無期限

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com/

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

■詳細と申し込み

参加希望者は以下から申し込みください。

https://s-office-k.com/product/semi-expressive-arts-therapy

追加情報

開催日程
研修会:2024年6/9,10/6,2025年1/26, 3/9 事例検討会:2024年7/7、9/8,12/8、2025年2/9 
会場
オンライン
備考

詳細はチラシ・URLをご確認お願いいたします。

追加情報

開催日程
2024年8月1日(木)10:00~8月15日(木)
会場
Web視聴(オンデマンド配信)
備考

大阪YMCA発達支援事業主催 Web視聴

2024年度 発達障がい支援セミナー
『発達につまずきのある子どもも輝く学級経営
▼開催概要
実施形態: オンデマンド配信(期間中はお好きな時間に何度でもご視聴いただけます)
視聴期間:
 2024年8月1日(木)10:00~8月15日(木)
参  加  費: 2,000円
申込方法:下記URL・もしくは総合教育センターのホームページからお申込み下さい。
申込締切:2024年7月21(日)
 ※お申込みの際にはPeatixの会員登録が必要です。
 ※詳細は、大阪YMCA総合教育センターのHPをご覧ください。
 ※学校や機関など団体でお申込みの場合は、メールでYMCA総合教育センターへお問い合わせください。
▼内容
子ども達への適切な対応方法を考えるには、つまずきの要因を探ることが大切です。様々な子ども達がいる学校現場では、学級全体へどう働きかけるとよいのか。今回は、子ども達への関わり方から、発達につまずきがある子ども達も含め、どんな子も輝ける学級(集団)の作り方についてお話しいただきます。
▼講師紹介
川上先生お写真.JPG
川上 康則 先生
東京都杉並区立済美養護学校主任教諭
公認心理師 臨床発達心理士 特別支援教育士SV

都立特別支援学校の教員としての教育実践とともに、地域の学校現場や保護者などへの相談支援にも携わる。
【ご著書】
発達につまずきがある子どもの輝かせ方ライブ講義 通常の学級の特別支援教育
子どもの心の受け止め方発達につまずきのある子を伸ばすヒント
教室マルトリートメント 他多数

追加情報

開催日程
2024年8月13日(火)
会場
キャンパスプラザ京都
テーマ
メンタライゼーションを活用した、支援体制づくり
備考

なかなか支援に継続的につながらない難しいクライアント/要支援者/児童生徒あるいはその保護者は、不思議なことに、彼らを巡って関連する支援者たち、支援者組織間を分断させたり、喧嘩させたりすることがあります。また、彼らとやっとつながり、一定の支援をできたと思っても、幼稚園から小学校に、学校から社会に、という切れ目で支援が切れてしまい、元の木阿弥になってしまうという無力感をお感じになることも多くいらっしゃると思います。こうした問題に取り組んでいる仲間たちで、関西、関東、東北の三か所で連続シンポジウムを開催します。また、こうした問題へのアプローチ法としてイギリスのアナフロイトセンターがメンタライゼーション理論に基づいた理論AMBITを示し、世界展開しているのですが、その開発者のお一人、ピーターヒューグル博士も来日され、3か所すべてのシンポジウムにご登壇いただくこととなっています。関西(京都)は、児相、児童養護施設など、子ども支援を巡る組織間の葛藤を扱います。

現地参加、ZOOMでのWEB参加、後日でのアーカイブ配信での資料も可能ですので、せひ歩参加ください。

関心を持った方とぜひ繋がり、地域で子どもを支える仲間として今後も取り組んでいけたら大変うれしく思っています。

以下のフォームでお申込みいただけます。

https://forms.gle/kdFCQRVJ8TrMcz4RA

追加情報

開催日程
毎月1回 第1土曜日もしくは第2土曜日の19:00~21:00
会場
オンライン
テーマ
グループスーパーヴィジョンのメンバー募集
備考

グループスーパーヴィジョンのメンバー募集

■概要

 この度、力動的アプローチをこれから実践しようとしている方、実践しつつある方のためにグループスーパーヴィジョンを開催いたします。力動的アプローチに興味はあるが、どのように実践したら良いのか分からない、もしくはこのような実践で良いのか、等々の不安や悩みをもちながら日々の臨床をしている人も多いでしょう。

 このようなことを学んでいく上で、実際に個人でスーパーヴィジョンや訓練分析を受けることがまずは非常に重要です。さらにその上で、このように似たような経験を持つもの同士が集まったグループでスーパーヴィジョンを受け、仲間がどのように実践をしているのかに触れることも良い訓練になります。

 ここでのグループスーパーヴィジョンはクローズドで、欠員が出たときに募集します。定員は56名です。発表する事例は特に構造化されていなくても構いません。そこからどのように力動的にしていけば良いのかを検討していきますので。是非この機会に参加していただければと思います。

■日時

毎月1 1土曜日もしくは第2土曜日の19:0021:00

■会場

オンライン(Zoom)を用いています。

■参加資格

 臨床心理士や医師、公認心理師などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生などで、自分自身のケースを発表できる人。概ね力動的な臨床経験が約5年以下が対象です。

■スーパーヴァイザー

北川清一郎(()心理オフィスK代表取締役、臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士)

 関西大学大学院を修了後、主に精神科領域で仕事をしてきました。精神分析の中でもクライン派や独立学派の立場に共感しています。関心対象としては境界例や精神病といった重症の患者に対してどのように分析的に取り組めるのかについてです。

■費用

1回:3,500

■定員

56名(クローズド:欠員が出た時のみ募集します)

■申し込み

参加希望者は以下のSV・教育分析の申し込みフォームからお申し込みしてもらえたらとおもいます。

https://s-office-k.com/professional/training/training-contact

■詳細

https://s-office-k.com/professional/seminar/groupsv

追加情報

開催日程
2024年8月10日(土) 10:00~16:00(5時間/昼休憩と短時間の休憩あり)
会場
創元社4Fセミナールーム(大阪市中央区淡路町4丁目3-6)/オンライン(Zoomウェビナー)
テーマ
フォーカシング指向心理療法
備考

【概要】

国家資格・公認心理師が誕生し、より一般普遍的なカウンセリングの方法が求められている今、ロジャーズのカウンセリング理論(自己一致、共感的理解、肯定的関与)から発展したフォーカシング指向心理療法は、日本のカウンセリングにおける共通基盤としての実践理論にもなりうると考えられるアプローチです。

本セミナーでは、日本フォーカシング協会前会長である内田利広先生をお招きし、フォーカシング指向心理療法について解説いただきます。

はじめてフォーカシングに触れる参加者にもご理解いただけるよう、前半は内田先生の講義、後半は参加者をまじえたワークを行い、理論と実践の両方からじっくり学びます。

看護職や心理職、福祉職、教職など、広く対人援助職の方々の普段の業務に活かせる機会となることを目指します。

 

【講師】

内田利広(うちだ・としひろ)

1993年、九州大学大学院博士後期課程単位取得後退学。博士(心理学)。臨床心理士。公認心理師。龍谷大学教授、京都教育大学名誉教授。専門は教育臨床心理学。所属学会は日本人間性心理学会、日本心理臨床学会、日本家族心理学会、日本フォーカシング協会(前会長)など。

著書は『学校カウンセリング入門』『学校カウンセリングの理論と実践』『臨床心理学への招待(第2版)』(いずれも共著、ミネルヴァ書房)、『生徒指導と教育相談』『スクールカウンセラーの第一歩』『人間性心理学ハンドブック』(いずれも共著、創元社)、『期待とあきらめの心理』(創元社)、『母と娘の心理臨床』(金子書房)など。

 

【お申込にあたって】

・本セミナーは専門家向けとなります。セミナー内容全般(事例や検査の内容、配布資料、当日提示する画面などを含む、本セミナーに関係するすべての事項)につきまして、秘密保持を厳守いただき、受講時にも、守秘が徹底される環境での受講をお願いいたします。

・Zoom上の氏名は必ず申込者の氏名(漢字表記のフルネーム)で、ご参加ください。ニックネーム等で参加され、申込者ご本人であることの確認がとれない場合は参加不可とさせていただく場合があります。

※臨床心理士の方へ

 本講義は、臨床心理士資格更新ポイント(「臨床心理士教育・研修規定別項」第2条第4項のポイント)を申請する予定です。ポイント申請をご希望される方は、運営側でお名前を確認するためリアルタイムでの参加をお願い致します。申込フォームにて「臨床心理士資格」項目の「有」にチェックを入れていただいた方の内、セミナー当日ご参加でお名前が確認できた方にのみ研修証明書を発行いたします。

 

【内容】

10:00~11:30 フォーカシング指向心理療法について・・・内田利広先生

11:30~12:00 質疑応答

 昼休憩

13:00~13:30 事例発表

13:30~14:00 グループに分かれて検討

14:00~14:30 検討結果報告 *参加者が多数の場合は、オンライン参加者の報告時間を調整

14:30~16:00 全体で検討

*あいだに10分程度の休憩を挟みます。

 

【定員】

対面30人/オンライン70人

 

【参加費】

対面7,500円(税込)/オンライン6,500円

 

【申込締切】

対面:2024年8月7日(水)23:55まで

オンライン:2024年8月10日(土)9:00まで

※定員に達し次第、受け付けを締め切らせていただきます。

 

【申込方法】

お申し込みは下記サイトからお願いいたします。

https://sogensha-focusing2024.peatix.com/

 

【問い合わせ先】

創元社オンラインセミナー担当

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6

TEL:06-6231-9010

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

備考

【 発達の視点を味わう-ウェクスラー式検査の基礎を学ぶ‐(全3回) 】

この講座では、ウェクスラー式知能検査(WISCⅣ・ⅤとWAIS-Ⅲ・Ⅳ)の下位検査ひとつひとつの意味合い、実施場面で検査者はなにを感受しているのか等を眺めていきます。そこから検査結果を立体的なその人の在りようにどうつなげていくかを、ともに味わいたいと思います。

日時:202477日、84日、91日(日)13001700

講師:福永友佳子(心の臨床オフィスれんげ/臨床心理士)

会場:ハートピア京都 4階 第5会議室

受講料:30,000円(AFC会員・学生27,000円)

※応用編と併せて受講の方は、日本臨床心理士資格認定協会の定例型(継続型)研修会として、研修ポイントを申請予定です。

【 ロールシャッハ・テスト 入門編(全6回) 】

 ロールシャッハ・テストの初心者の方、あるいは基礎をしっかりと学びたい方を対象とした講座です。実施法及びスコアリングをしっかりと身につけると共に、臨床現場で役立つ、生き生きとした解釈が描けるようになるための基礎を学ぶことを目的としています。本講座では包括システムによる実施法、コード化(スコアリング)、解釈の基礎までを学びます。またクロッパー法にも適宜触れていき、それぞれの考え方の違いについても学んでいきます。

日時:2024713日、810日、914日、1012日、119日、1214日(土)10001300

講師:中尾 文彦(やまと精神医療センター/臨床心理士)

会場:葵橋ファミリー・クリニック 研修室

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 講座内容の詳細はお問合せ、もしくはホームページ(http://kyoto-afc.jp/education_list.html)をご覧ください

 お申込みは、こちらのフォームからお申込みください。

申込フォーム: https://forms.gle/MFrxDGoEyE6PCEUd9

多くの方のご参加をお待ちしております。

問い合わせ先:(公社)葵橋ファミリー・クリニック TEL075431-9150FAX075431-9158

追加情報

開催日程
令和6年7月6日(土)13:00~15:30(受付12:30~)
会場
宮崎県立図書館 2階 視聴覚室 ※オンライン参加とのハイブリッド開催
テーマ
関係機関と連携した包括的支援の実践~学校にできること
備考

・講師 林田 麻里子 氏(元 東京都特別支援学校 主幹教諭、公認心理師・臨床発達心理士)

・定員100名(会場定員) 

・参加無料

・申込方法(申込期限 令和6年6月25日(火))

 県身体障害者相談センターホームページまたは、チラシのQRコードよりお申し込みください。

 

【お問い合わせ先】

 〒880-0032 宮崎県宮崎市霧島1丁目1番地2(宮崎県総合保健センター内 5階)

 宮崎県身体障害者相談センター

 TEL 0985-29-2556

 MAIL このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 担当 岩切 厚ヶ瀬 黒木 安藤