研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2024/3/24 10:00-12:00
会場
ZOOM
テーマ
ママの心をささえる周産期訪問看護でしていること
備考

『ママのこころをささえる 周産期訪問看護でしていること』

 

日時:3月24日 10:00-12:00(録画配信あり)

 

場所:ZOOM

 

対象:助産師、保健師、心理士、当事者さんやご家族、地域の子育て支援者など、関心のある人ならだれでも

 

料金:3500円

 

お申込みはこちら:https://forms.gle/ELrFKx8gampo4Ei18

 

主催・問い合わせ:ふじさわマターナルカウンセリングルーム

 

 

--------------------------------------------------

周産期の訪問看護。

 

・なんとなく知っているけど、制度や流れはどうなっているの?

 

・どんな人が利用しているの?

 

・どんなケアをしているの?

 

・連携はどうしているの?

 

ということを、知りたいと思っていませんか。

 

このセミナーでは、京都で実践されている2名のすばらしい講師にお話しいただきます!

 

①はせがわこどもクリニック 院長・長谷川 雅文先生

 

こちらは、小児科・児童精神科のかたわら、

小児科に来られるお母さんたちのメンタルを診る『産後メンタルケア外来』をされているクリニックです!

 

クリニックでの取り組みと、訪問看護の指示書を出す立場であるドクターから、訪問看護を利用したお母さんたちがどうなるのかについて、

お話いただきます。

 

はせがわこどもクリニックのHPはこちら

https://hasegawa-kodomo.com/

 

②訪問看護ステーションおとなり 助産師・木村 美季 先生

 

京都で、周産期訪問看護を展開されている、助産師さんです!

 

訪問看護の制度や、様々なケースを通して、実際にどんなケアをされているのか教えていただきます!

 

訪問看護ステーションおとなりのHPはこちら

https://www.otonari-care.com/

 

主催者は、周産期の女性と家族を専門とするカウンセリングルームをしています。
そして、心より周産期訪問看護が広まってほしいと願っています。

 

本セミナーにご関心のある皆様、心理職としてこの制度や実際のことを知って、

実践者の方々と一緒にママたちの心や生活を支える仕事をしませんか?

 

当日は参加できない方のために、録画配信をいたします。

ぜひ一緒に学びましょう!!

 

追加情報

開催日程
2024年3月下旬ごろ~5月31日まで
会場
オンライン
テーマ
メンタルヘルス研修の講師業
備考

【第1回オンライン心理臨床セミナー~心の健康に関する研修講師の実際~のご案内】

 

公認心理師が誕生し、その業務として「心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと」が規定されたことからも分かるように、心の健康に関する研修に対するニーズが高まっています。そこで、保健・産業・教育・福祉領域で数多くの講師業を経験されている小山秀之先生をお招きして、心の健康に関する研修の実際についてお話いただくセミナーを企画しました。これから講師業にチャレンジしたい方、すでに経験しているがよりわかりやすく効果的な研修を行いたいと考えておられる方に、ぜひともご参加いただきたいです。

 

【案内動画】

https://youtu.be/7gQeSYGCJcA

 

期間:2024年3月下旬ごろ~5月31日までの録画視聴(予定)

   約5時間 期間中、くり返し視聴可

場所:オンライン(録画視聴、資料はPDFで配布します)

料金:10,000円

対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職

   (守秘義務のある方)

 

講師:小山秀之先生

    臨床心理士&公認心理師

    特定非営利活動法人PeerNet理事長

    和歌山臨床心理士会/公認心理師協会 理事

    内閣府こども家庭庁 アドバイザー

 

主催・お問い合わせ:哲学心理研究所

   E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

お申し込み:下記のリンク先で必要事項を記入して、送信ボタンを押してください。

      自動返信メールで詳細や振込先をお知らせしますので、

      本日から1週間以内ににご入金ください。

 

      自動返信メールが届かない場合は

      メールアドレスの入力ミスの可能性がありますので、

      もう一度ご記入のうえ、送信ボタンを押してください。

      (それでも届かない場合は、上記アドレスにご連絡ください。)

 

〆切:5月19日(日)

 

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。ただし、受講確認として、レポートの提出を求める予定です。

 (臨床心理士資格認定協会に確認済みです。)

※参加者は守秘義務を徹底してください。また、主催者や講師を含む研修参加者の人権や実践を一方向的に傷つけるような発言、レポート内容等はおやめください。

 

お申し込み

 ↓↓

https://philosophy-psychology.com/2024-02-25

 

追加情報

開催日程
2024年4月6日~
会場
会場開催とZoomを用いたハイブリット開催
テーマ
精神分析的心理療法セミナーみえ 2024年度定例研修会
備考

〇 ベーシックコース テーマ「観察と記述」 入門編 2024年度はオンライン、対面各1コース開催します。

第3日曜 930 1130 10回 会場:くわな心理相談室(対面開催)、ZOOM(オンライン開催) 講 師:山村真(対面開催)堀英太郎(オンライン開催) 初学者~基礎を点検したい中堅の臨床家向けのコースです。臨床状況の「観察と記述」はあ らゆる心理臨床に共通する基本です。どういった点に注目し観察するのか、そして、それを どのように記述するのかを学ぶコースです。

〇 系統講義 テーマ「態度とアセスメント」 文献+事例 第3日曜 1300 1530 10回 会場:オンライン(ZOOM) 講 師:鈴木誠(敬称略)、他(日本精神分析学会認定心理療法士が担当します)

今年度は『学校現場に生かす精神分析ー学ぶことと教えることの情緒的体験ー』をテキスト に使用します。学校現場だけでなく、様々な臨床場面を理解する大切な要素が書かれていま す。クライン派精神分析の理論に触れつつ、様々な臨床現場での精神分析の活用について学 び、用語や理論を理解します。後半は、詳細な面接記録を検討し、事例を丁寧に観察、記述 する力を体験的に学びます。

〇系統講義 テーマ「技法と理解」 文献+事例 第3日曜 1300 1530 10回 会場:オンライン(ZOOM) 講 師:小野和海、鈴木誠、津田真知子、武藤誠(敬称略)

テキスト『リーディング・ビオン』を通じて、精神分析、特に現代クライン派の理論を少人数で講師との議論を通じて、理解していきます。事例検討では、1~2回の詳細な記録を中心に、検討を行います。その中で、理論と事例のつながりを見出し、さらなる精神分析的理解を目指します。

〇 くわな事例検討会 第1土曜 1900 2100 10回 会場:くわな心理相談室およびZOOM 講 師:鈴木誠(敬称略)

1~2セッションの詳細な記録を中心に、事例検討を行います。 Work discussion method(応用精神分析の方法)を活用して、個人面接に限らず、集団へ のアプローチなど、さまざまな仕事場で出会う臨床状況を事例として精神分析的に理解します。

〇 ワーク・ディスカッション 第2水曜 1900 2100 10回 会場:オンライン(ZOOM) 講 師:鈴木誠(敬称略)

ワーク・ディスカッションメソッドによる対人援助職の方のための事例検討会です。個人心理療法だけではない私たちの仕事(work)全てを対象としています。ワーク・ディスカッションは、ビオンのコンテインメントの概念など、精神分析の着想を応用するグループワークです。臨床心理士、公認心理師、そして精神分析家だけでなく、多くの職種の方の参加を歓迎しています。 各コースの詳細については、以添付チラシをご覧ください。

 

メンバーシップ・受講料について メンバーシップ(年会費)10,000円 

ベーシックコース40,000円 複数受講の場合は20,0002 系統講義(日本精神分析学会認定研修)40,000円 系統講義(日本精神分析学会認定研修)65,000円 くわな事例検討会(日本精神分析学会認定研修)55,000円 ワーク・ディスカッション 40,000円 複数受講の場合は20,000

1 メンバーシップ(年会費)は、複数コースにお申込みされる場合も、お一人様10,000円/年のみのお支払いです。

2 系統講義1、2と事例検討会の受講者は、ベーシックコースとワーク・ディスカッションを半額で受講できます。 セミナーみえのメンバーシップ特典

一部の定例型研修会をメンバーシップ料金で受講できます。

ワークショップ(短期型)研修会に無料で参加できます。

学会発表や論文投稿、日本精神分析学会認定資格の取得のための支援が受けられます。

社会貢献事業の「調査・研究」への参加や自主勉強会等の会場提供が受けられます。

臨床現場に必要とされる多様な研修機会の企画に参加できます。 全ての研修会で、日本臨床心理士資格認定協会定例型(継続型)研修会(2または4ポイント)を申請する予定です。

以下のURLからお申込みフォームにて必要事項を入力の上、2024322日までにお申し込みください(添付チラシにも詳細を記載しております。

URLhttps://forms.gle/VB9q4ECU714vVucw5

 

追加情報

開催日程
セミナー1 2024年4月14日(日)10:00~12:00、セミナー2 2024年4月28日(日)10:00~12:00
会場
オンライン(Zoom)
テーマ
基礎から学ぶ 心理職による見立てと方針のたて方
備考

 

※『MOSSアカデミー』会員の方は、本研修に無料でご参加いただけます!

▼会員サービスの詳細はこちら

https://moss-academy.com/

 

======

▼セミナーへのお申し込みはこちら

https://moss-seminar-240414.peatix.com/

 

◇概要

 心理面接を行っていくにあたっては、クライエントさんの症状や抱えている問題を理解し、一人ひとりにあった心理支援の方針を立てることが必要です。そのためにはクライエントさんが話されたことや関係者から聞いた内容はもちろん、目の前のクライエントさんの表情や声のトーン、姿勢、仕草なども含め、多種多様な情報からクライエントさんを見立てることが必要です。

 本研修では、心理面接の効果を引き出す上で「見立てと方針」がどのように重要なのか、その意義からお伝えし、見立て方と方針の立て方について、重要と思われる観点を説明していきます。また、架空事例を材料として、参加者の皆さんに、実際にどのように見立て、方針を立てていくかを検討していただきます。セミナー2では架空事例についての皆さんの考察を取り上げ、解説することが中心になります。架空事例を検討する作業に取り組み、それを振り返って検討することで、単に知的な学びではなく、実践に役立つ学びになることでしょう。

<本研修で得られること>

見立てと方針を立てることの意義について学べる

見立てと方針の立て方における考え方を学べる

架空事例を通じて、具体的に見立てと方針を検討する練習ができる

 

◇プログラム(主な内容)

・見立てと方針に関わる重要な論点

・見立てに関わる観点

・方針の検討に関わる観点

・架空事例と課題の提示

・課題解説

・今後の学び方のポイント

 

◇講師

杉原 保史 氏

公認心理師。臨床心理士。

京都大学学生総合支援機構 教授。教育学博士。日本心理療法統合学会 副理事長。

学派の垣根を超えて心理療法を実践する「心理療法への統合的アプローチ」を探究している。

京都大学大学院で臨床心理学を学ぶ。大谷大学専任講師、京都大学保健管理センター講師等を経て現職。30代でポール・ワクテルの統合的心理療法に出会い、主著4冊を翻訳。

今回のテーマと特に関連する業績としては『公認心理師標準テキスト』(金剛出版、2023)にて「適切な支援方法の選択と調整」を分担執筆。

 

他著書に『技芸としてのカウンセリング入門』(創元社)、『プロカウンセラーの共感の技術』(創元社)、『プロカウンセラーの面接の技術』(創元社)、『心理療法統合ハンドブック』(誠信書房)など多数。

 

<講師からのメッセージ>

「見立てと方針」は、治療学派によって相当異なるものですが、学派を超えて共通する重要な考え方や工夫を易しくお話ししたいと思います。そもそも見立ては、セラピー他の要素(受容・共感・承認・傾聴・探索・介入など)から切り離して行うことができるものでしょうか? 見立ては客観的で科学的に正しいことが最も重要でしょうか? 見立てはセラピストが一人ですることでしょうか? 「見立てと方針」にフォーカスしながら、現場で出会う多様なクライエントに対してそこそこ有効に機能できるセラピストになるために大事なことを一緒に考えてみたいと思います。

 

◇臨床心理士資格ポイント

 参加者のうち臨床心理士の方が3割以上の場合、臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。

 臨床心理士資格更新ポイントの申請を希望される方は、「2回のセミナーへの参加(またはアーカイブ視聴)と課題提出が必須」が必須となりますのでご注意ください。

セミナーへの参加(視聴)は、課題提出フォームと参加後アンケートのご提出を以て確認いたします。

 

◇開催概要

日時

・セミナー1 2024年4月14日(日)10:00~12:00

・セミナー2 2024年4月28日(日)10:00~12:00

 

会場

 オンライン(Zoom)

定員

 95名

対象

・公認心理師や臨床心理士等、守秘義務のある対人援助職(受験資格保有者を含む)

・大学院生(心理・医学・教育・福祉系)

 

◇参加費

・通常参加チケット(アーカイブ視聴付き)…6,500円(学生:3,000円)

 

※ 学生の方は、チケット購入の際に割引コード「student」を入力し、事前アンケートにて所属大学等をご回答ください。

※ 本研修は、会員サービスMOSSアカデミーの無料参加の対象研修となります。会員の方はチケット購入の際に専用の「無料参加コード」をご入力ください。

心理系大学院受験対策塾プロロゴスさんのコミュニティにご参加の方、また、MOSSのPeatixフォロワーの方はチケット購入の際に「割引コード」をご入力ください。

 

◇お申込み

下記のお申込みページ(Peatix)をご参照ください。

https://moss-seminar-240414.peatix.com/

お申込み期限

 2024年4月11日 (木) 23:55まで

 

◯ MOSS(モス)について

心理職(公認心理師・臨床心理士)の支援を目的とした団体です。

公式サイト|https://moss-official.com/

公式X|https://twitter.com/MOSS_compassion

 

<主なサービス>

心理職向け研修を提供する『MOSS セミナー』の企画、運営

心理職向けイベント検索サービス『Psyvent』の運営

オンラインカウンセリングを提供する『モス心理相談室』の運営

公認心理師資格試験の過去問webアプリ『MOSS スタディ』の運営

心理職専門のHP制作、ロゴ・イラスト制作、動画制作

 

ご不明点などございましたら下記までお問い合わせくださいませ。

https://forms.gle/6o2TByMLLLwrBkiY6

 

*****

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

追加情報

開催日程
2024年3月16日(土)午後1時30分〜5時00分
会場
カウンセリングサービスterraplus 大阪府大阪市北区黒崎町9-5-N.95-3F http://moon.gmobb.jp/terraplus/index.html
テーマ
今、そしてこれから、スクールカウンセラーに求められているもの
備考

私達は、テーマ『今、そしてこれから、スクールカウンセラー(以下SC)に求められているもの』から以下の3つの事柄を中心に、SCの現場経験を、ディスカッションを通して、ご参加のみなさまの日常のSC業務により役立てられるような研修にしたいと思います。SC経験のない方から経験の多い方まで、この機会に今後のSC業務についてディスカッションできればと考えています。ぜひご参加ください。

第1回研修会のテーマについて3つの事柄が重要ではないかと考えています。

(1)スクールカウンセラーの職務は、小学校、中学校、高等学校等の学校種別ごとに大きく違います。それらにどのように対処していくのが良いかということ。

(2)それぞれの学校には、個別の学校のニーズがあります。それらのニーズを知った上で、具体的な対応をどの様に考えるかということ。

(3)スクールカウンセリングには、学校及びその中の具体的な教員の立場、保護者の立場、児童及び生徒の立場とさまざまな立場を考えることができます。1つの立場だけでスクールカウンセリングを進めることは、現実にはできないことが多いです。実際それらの状況の中で、どのように考え、行動することが良いのかはとても重要です。

これら3つの事柄について、自分達の現場経験のディスカッションを通して、日常のスクールカウンセラーの職務により役立てることが出来るにはどのようにすればいいのかを考えます。

開催場所 カウンセリングサービスterraplus 

大阪府大阪市北区黒崎町9-5-N.95-3F http://moon.gmobb.jp/terraplus/index.html

申し込みフォーム:https://forms.gle/D2bXWxgUUaArP9H57

 

*注意 Zoomでの参加について、日本臨床心理士認定協会のポイント申請を予定しています。原則として全時間に参加しなければ研修ポイントは付与できません。

追加情報

開催日程
2024年3月24日(日)
会場
わぎんホール3階 第2~7展示室
備考

日本臨床催眠学会は、初級技法研修会を四国発!徳島県徳島市にて開催します。講師として松木繁先生をお招きし、講師の先生によるデモンストレーションや実技研修を行いながら、臨床催眠の実際を体感する機会を提供いたします。初めて臨床催眠に触れる先生方のみならず、ベテランの先生方におきましても新たな発見につながる機会になろうかと思われます。ご多忙のところ恐れ入りますが、ふるってのご参加、お待ちしております!

追加情報

開催日程
2023年4月~2025年3月
会場
御池心理療法センター
テーマ
子どもの精神分析的臨床
備考

このたび御池心理療法センターでは、子どもの精神分析臨床に関心のある方とともに、臨床素材の検討と文献講読を通して子どもと養育環境への理解を深め、
新しい気持ちで現場に臨めるようにワークショップを企画しました。初心者からベテランの方まで、臨床の多寡を問わず交流できる場になればと考えています。

内容:臨床素材(子どもの心理療法や親面接、個人や集団の観察素材等)の検討と文献講読
対象:子どもの心理臨床に関わっており、臨床素材を提示できる方
定員:8名(定員に達し次第募集を締め切ります)
日時:2024年4月~ 第1土曜日18時30分~21時 5月・1月除く全10回
場所:御池心理療法センター
参加費:4万円
企画運営:御池心理療法センター 吉岡彩子

 

★詳細は添付ファイルをご参照ください。

追加情報

開催日程
2024年4月 7日 (日 )13:00-18:00
会場
オンライン
テーマ
犯罪心理鑑定研修_初級
備考

■対象:臨床心理士・公認心理師養成課程の大学院生

■費用:10,000円(大学院生は8,000円)

■講座内容

・犯罪心理鑑定について理解する

・刑事裁判・少年審判についての基礎知識を習得する

・犯罪心理鑑定書の作成から法廷証言までの流れを理解する

・鑑定の受諾から面接における臨床活動

・模擬事例を用いてアセスメント力を養う

・弁護士との協働に必要なコミュニケーション力を養う

■申し込み方法

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdV2fvzZ-y_68HibkpkaGDb8L_hgLZpzvSARoYC9-KcmlK81g/viewform

上記アドレスにて申し込みが完了しましたら、「振込先口座」を記載したメールを

お送りいたします。振り込みが確認できましたら4/1以降にZoomのURLをお送りいたします。

追加情報

開催日程
2024年3月31日(日)・4月7日(日)
会場
オンライン研修
テーマ
アンガーマネジメントオンラン基礎研修
備考

基礎研修で学ぶ主な内容は次のとおりです。

1日目

1.怒りの感情と怒りが起こるメカニズム

2.ストレスと感情・身体・行動との関係

3.様々なストレスマネジメントの技法

4.アンガーログの記入、考え方のくせの発見と修正

2日目:

5.傾聴のポイントと技法

6.自分も相手も大事にするアサーティブコミュニケーション

7.依頼場面のロールプレイの演習

講師:代表理事 佐藤恵子他

*研修2日目は、翌月の基礎研修2日目に振替が可能です。但し、申込時にその旨お申し出ください。

受講料:39,800円(テキスト代・送料含む、税込み):銀行振込又はPaypalによる事前振込

*一般会員になりますと2割引きで研修に参加できます。なお、研修のお申し込みと同時に一般会員もお申込みください。

一般会員の場合:31,840円(テキスト代・送料含む、税込み)、別途入会金3,000円・年会費2,000

また、本研修は、臨床心理士資格更新ポイント(2ポイント)が取得できます。

 

 

詳細はHPをご覧ください。
 https://amjapan.or.jp