研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年10月17日
会場
キャンパスプラザ京都 第4講義室
テーマ
心理臨床における「みたて」の技術
備考

(公社)葵橋ファミリー・クリニック主催の研修講座の案内を致します。

 心理臨床における「みたて」の技術 

 

クライエントにより良い援助を提供するため、私たちはまず「みたて」ということを考えます。

 初めてお会いして、お話をお聞きし、その方の問題状況をできるかぎり全体的に把握し、私たちに何が提供できるのか、できないか、検討することになります。その後の支援の成否は、この時の把握の質に大きく左右されるといっても過言ではありません。

 従来の精神分析的心理療法が培ってきた病態水準の議論を手掛かりに、自我の機能水準を包括的に捉え、プロセス指向心理学やユング心理学、トランスパーソナル心理療法の視点も総合して、そのポイントを整理しているのがプロフェッショナル・サイコセラピー研究所の富士見ユキオさんと岸原千賀子さんです。彼らが主張する関係療法的アプローチとその「みたて」の取り方は、現場で臨床を行う者にとってとても役立つ視点となるものです。そのエッセンスを、お伝えできればと思います。今年はできるだけ事例を入れ込んで、みなさんの日常の臨床につながりやすいお話が出来ればと思います。

 

日程:20211017曜、10001700 休憩含む※研修プログラム(パンフレット)でご案内した日から変更しております。

講師:濱野 清志京都文教大学 臨床心理学部教授/臨床心理士)

会場:キャンパスプラザ京都 第4講義室

受講料:一般15,000円、AFC会員・学生13,000

※日本臨床心理士資格認定協会の研修ポイントを取得できます。

研修のお申込みは下記のURLから行えます。

申込フォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeHFyg99zT0B3oSr41fvQcBSZjObybnjlb798nO6TW1ZPguIQ/viewform?usp=sf_link

講座内容の詳細などは、お問合せもしくはホームページ(http://kyoto-afc.jp/education_list.html)をご覧ください。

  

問い合わせ先:TEL075431-9150FAX075431-9158E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年10月17日(日)10:30~16:30
会場
Zoomによるオンライン開催
テーマ
ホフマンの視点からの「こころの出会い」
備考

各位

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナーを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。

本年度も昨年度に引き続きオンライン開催となりますが、講義のみでなく事例検討も実施することといたしました。

詳細につきましては、ホームページ(https://inst.kipp-u.co.jp/)をご確認ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー「こころの出会い」

--------------------------------------- 

第 3 回 2021年10月17日(日)10:30~16:30

テーマ:「ホフマンの視点からの「こころの出会い」」

講師 岡野 憲一郎 京都大学 大学院教育学研究科

会場 ZOOMによるオンライン開催

【定員とスケジュール】

講義のみ(10:30~13:00)70名

講義+事例検討(10:30~16:30)20名

--------------------------------------- 

対人関係学派や関係精神分析では、治療者と患者の現実の関わり合いに焦点があてられる。米国の精神分析家アーウィン・ホフマンは、そこに「弁証法的構築主義」という視点を導入する。治療的な関係性においては、儀式的な側面と自発的な側面が弁証法的な関係性を保っており、そこに力動的なバランスが欠けた場合に様々な問題が生じると論じている。この一見難解な「弁証法的構築主義」について、実際の臨床例に即して解説し、受講者の臨床活動に役立てていただきたい。

 

参考文献:ホフマン著 岡野監訳 『精神分析過程における儀式と自発性』金剛出版

---------------------------------------

 

申込方法:下記申込専用フォームよりお申し込みください。

 

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー

「こころの出会い」専用申込フォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S38820209/ 

 

受講料:講義のみ 3,000円、講義+事例検討 6,000円

申込期限:10月6日(水)

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

追加情報

開催日程
2021年10月3日(日)10:00 ~16:00
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
産業保健職向け 労働法セミナー
備考

 長時間労働によってうつ病等が発症した労働者については、労働基準法をはじめとする労働法の規制

により企業は慎重な対応が求められます。今回は「長時間労働⇒休職⇒復職・退職」という流れの中で

の法規制の内容、労務リスクそして対応方法を社会保険労務士が分かりやすく解説いたします。 

  後半は、臨床心理士が講師で、ある休職事例について検討いたします。職場復帰のフォローアップ期間

をいつまで設けるのか、フレックス制度を利用していいのかなどよくある質問に回答し、勤怠管理のコツ

について、お伝えします。

 

◆講師

午前:村上剛久

合同会社労務トラスト代表

社会保険労務士法人 迫田・村上リーゼンバーグ代表社員

特定社会保険労務士/メンタルヘルス法務主任者

(独)労働者健康安全機構 東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

 

午後:近藤雅子

合同会社労務トラスト EAPコンサルティング部部長

 臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP

・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師

 

◆参加対象者

臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・保健師・看護師・産業医などの守秘義務のある有資格者

(大学院生も可・大学院生料金は【修士課程】が対象者)

*日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定(終日参加のみ)

 

◆参加費

 終日参加:一般15,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000円

 半日参加:一般 8,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

  ※Mリスト会員とは、弊社の運営する医療口コミサイトです。

   詳細は,「産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト」をご覧ください。

    https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

 

◆昨年「労働法セミナー」に参加された方の声

「臨床で使えそうな発想が得られましたので、次回以降も期待しております。」

「法規はもっと面倒なものかと思っていましたが、分かりやすい資料と説明で理解しやすかったと感じています。

大切なことは・・・という点や、実際の対応を聞けてとても参考になりました。」

「労働法について体系的に学んだことがなかったので、大変勉強になりました。研修を終えての満足度は今までで1,2を争うほどです。」  

 

◆お申し込みはこちらから

【産業メンタルヘルス通年セミナー】

 公式WEBサイト⇒ https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

 

◆お問い合わせ

合同会社労務トラスト セミナー事務局

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年10月8日(金)
会場
オンライン(zoom)
テーマ
トランスジェンダー児童/生徒のための学校づくりのヒント
備考
文部科学省は、トランスジェンダーや同性愛者などの性的マイノリティとされる小中高の児童/生徒へのきめ細かな対応を求める通知を全国の教育委員会などに出しています。
しかし、それぞれの児童/生徒の個性や発達段階、学校現場の状況はさまざまであり、対応に苦慮し、これでいいのだろうか?と迷いを感じている現場の方もいるでしょう。
また、性的マイノリティの児童/生徒が現在クラスにいないとしても、本当はいるかもしれない/今後はいるかもしれない、ということを考えて現場で対応を準備されておきたい方もいると思います。
本講座では、トランスジェンダー児童/生徒に焦点を当て、前半ではトランスジェンダーに関する基礎知識を確認し、後半は「あるある」な模擬事例をもとにトランスジェンダーの児童/生徒がのびのびと育つことのできる学校環境をいかに作っていくかをディスカッションします。
それぞれの現場の知恵を持ち寄り、よりよい学校づくりのヒントを考えましょう。
 
実施場所:オンライン(zoomを使用します)
 
定員:15名(定員に達し次第締め切ります)
 
参加費:1500円
 
参加資格:学校教育に携わる方。心理職ほか教育支援に関わる方
 
*今回は模擬事例を元にディスカッションを行います。議論に刺激されてご自身の現場の事例についてお話したくなりがちですが、守秘の関係上、お控えください。講義で扱う模擬事例内でのコメン トをお願いします。
*入場は19:20から開始いたします。19:20~19:30の間に出欠を確認しますのでご協力ください。
*開始後10分を超えた入場はご遠慮ください。入場管理に対応し かねる場合がございます。
 
 
講師紹介:
*梨谷美帆(なしたに・みほ)
臨床心理士/公認心理師。カウンセリング・ラボSORA代表。NPO法人QWRC理事。精神科医療を中心に臨床経験を積みいつのまにか20年。NPO活動 を通じてセクシュアル・マイノリティ支援に取り組み、セクマイ •クィアフレンドリーなカウンセリングルームとして2013年 にカウンセリング・ラボSORAを設立。自由を愛するカウンセリング屋さん。

*樋口亜瑞佐(ひぐち・あずさ)
臨床心理士/公認心理師。愛知教育大准教授。社会的養護の領域を中心に臨床活動を継続。
「セクシュアリティとは生きることそのもの」を大前提にみなさん とお話し合いたいです。

追加情報

開催日程
2021年12月5日(日)
会場
Zoomによるリモート開催
テーマ
第12回集団認知行動療法研究会学術総会
備考

<テーマ>集団認知行動療法(CBGT)とジェンダー ~グループでの「役割」を考える~

<開催日時>2021年12月5日(日) 9:00~16:30

      Zoomによるリモート開催となります

<参加資格>当会会員 ※入会の手続きもホームページにて承っております

<参加費> 4,000円

<申込方法> 当会ホームページよりお申込みください http://cbgt.org

 

【プログラム】

■特別講演「アサーション・トレーニングの展開とその意義」

 演者:平木 典子(IPI統合的心理療法研究所)

■ワークショップ「変容する治療者~「自分らしい」CBGTリーダーになるために」

 演者:草岡 章大(北海道大学大学院/北大通こころのクリニック)

■ランチョンセミナー

■シンポジウム「さまざまな領域でのCBGTとジェンダー」

 演者:大黒 剛(Jake Style心理相談所)

    石丸 径一郎(お茶の水女子大学)

※学術総会は日本臨床心理士資格認定協会ポイント対象です

 

追加情報

開催日程
2021年11月6日
会場
オンライン(zoom利用)
テーマ
ゲーム障害への支援・三者三様の視点から
備考

やどりぎ主催 ゲーム障害支援者向け研修会
ゲーム障害への支援・三者三様の視点から
ー支援者は、何をどのように見立てるのかー

【企画概要】 

 カウセリングスペースやどりぎでは、2019年4月の開所時よりネット・ゲーム依存が日常生活に支障をきたしている児童生徒~成人(本人及びご家族)を主な対象として相談支援を実施しております。また、相談者の6割が未成年という状態を鑑み、依存症の一次予防の観点から保護者向けにゲーム障害予防教育プログラムを作成・実施し、2021年4月には家族会を発足いたしました。

 この度、昨年度に引き続き「ゲーム障害への支援、三者三様の視点から」の第2弾企画として、久里浜医療センターTIAR(インターネット依存治療部門)より同センターの院長の樋口進先生はじめ3名の生方をお迎えし、支援者向け研修会を開催いたします。今回の企画では各先生方に、それぞれの専門性から「支援者が何を、どのように見立てるのか」という視点から支援の実際についてお話頂きます。尚、事前に募集する質問や当日のチャット内容をもとに質疑応答タイムを設けたいと考えております。申し込みは、添付しております研修案内にてご確認ください。研修会は、オンラインで実施し、リアルタイムでのライブ配信とともに研修会開催後にはオンデマンド(録画)配信いたします。

ネットやゲームへの依存は、今最も支援ニーズの高まりをみせる領域のひとつです。ゲーム障害への支援に関わる全ての職種を対象とした研修会となります。皆様方のご参加をお待ちしております。

 

【期日】

R3年11月6日(土)10時~17

930分ログイン開始)

【講師】  

樋口進  先生

(久里浜医療センター院長)

北湯口孝先生

(久里浜医療センターTIAR臨床心理士)

前園真毅先生

(久里浜医療センターTIAR精神保健福祉士)

【参加費】 6000

【参加要件・定員】支援者・300名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

【申し込み】案内文書QRコード・やどりぎHPから申し込みいただけます。

【その他】

・講師の先生方へのご質問は、申し込み時にお知らせください。

質問受付は1023日(土)締め切りとさせていただきます。

・臨床心理士研修ポイント申請を予定しております。

後援:福岡市精神保健福祉センター

【問い合わせ先】

カウンセリングスペースやどりぎ

福岡市博多区吉塚139111F このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 担当 谷川・萬福

追加情報

開催日程
2021年10月16日(土)23日(土)13:00~15:30
会場
オンライン開催(zoom)

追加情報

開催日程
●ライブ配信:2021年10月23日(土)10:00~16:00(休憩1時間) ●録画視聴期間:2021年10月24日(日)~11月24日
会場
Web上
備考

【内容】
本研修では、児童思春期に生じるさまざまなこころの困りごとに対して個人支援、専門性に基づくチーム体制の構築や支援体制について実践例を基に学ぶことができます。不登校、発達障害、家族関係などの支援をされている方にとってお役立てできる内容になっております。

【会場】
Web


【受講料】
●ライブ視聴:10,000円(税込) ●録画視聴:10,000(税込)
双方向のやりとりによる学びをお勧めする関係でライブ参加を推奨します。
ライブ配信はZOOM

【講師】
小山 秀之先生 (臨床心理士・社会福祉士・公認心理師)

特定非営利活動法人PeerNet理事長。和歌山県臨床心理士会(理事)、和歌山県公認心理師協会(理事)、内閣府「子供・若者支援地域ネットワーク強化推進事業」「子ども・若者総合相談センター強化推進事業」(アドバイザー)、等を兼任。教育歴としては奈良大学、関西福祉科学大学、大阪歯科大学、関西医療大学、関西女子短期大学等の非常勤講師として学生を指導し、また支援者としては医療・福祉・教育(SC)・産業等の幅広い領域で活動している。

【対象】
カウンセリング初学者、認知行動療法初学者、医療・保健・福祉・産業・教育・司法の有職専門家および大学生・院生

【日時】
●ライブ配信:20211023()10:0016:00(休憩1時間)
●録画視聴期間:20211024日(日)~1124

【申込み】

下記フォームよりお申込みください。

https://cbtcenter.jp/event/?itemid=2784


【申し込み締め切り】
●ライブ視聴:20211020
●録画視聴:20211120

【臨床心理士ポイント】

当セミナーは臨床心理士ポイント申請予定です。


【主催】
京都CBTセンター

【問い合わせ】
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (京都CBTセンター事務局)

追加情報

開催日程
2021年11月23日
会場
zoomによるオンライン開催
テーマ
スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法-
備考

講師 大河原 美以 先生​

臨床心理士・公認心理師​

大河原美以心理療法研究室 室長

 

日時:2021年11月23日(火・祝)10:00~16:00

 

講師プロフィール

 臨床心理士・公認心理師,博士(教育学)

 元・東京学芸大学 教育心理学講座 教授(2021年3月まで)

 専門は、親子の心理療法・家族療法・EMDR療法

 1997年9月より、東京学芸大学 助教授。

 2007年4月より、東京学芸大学 教授。

 2021年3月、23年7ヶ月勤務した東京学芸大学を(3年早く)早期退職。

 2021年4月、「大河原美以心理療法研究室」を開設。

 主要著書

 「いやな気持ちは大事な気持ち」(絵:山本実玖) 日本評論社 2021年

 「子育てに苦しむ母との心理臨床 EMDR療法による複雑性トラウマからの解放」 日本評論社 2019年

 「子どもの感情コントロールと心理臨床」 日本評論社 2015年

 「子どもたちの感情を育てる教師のかかわり-見えない「いじめ」とある教室の物語」 明治図書 2007年

 「怒りをコントロールできない子への理解と援助 教師と親のかかわり」 金子書房 2004年

 

 

講師から

 スクールカウンセラーにとって、教員に対して「コンサルテーション」を行うことは、重要な仕事の1つです。「コンサルテーション」とは、「教師役割に対する支援」を行うために対話をし、教師との連携を可能にするための関わりです。この「コンサルテーション」がうまくいくかどうかは、スクールカウンセラーが学校に勤務する上での「元気を維持できるかどうか」にも関わる重要な課題であるといえるでしょう。

 この研修会では、システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」の技法を学びます。伝えたいことを伝えるためには、「相手が話していることを聴く」技法が必要です。常識的ないつもの聴き方では、聴けていないことが多いのです。「ちゃんと聴いてコンテクストを把握する」ことができると、「相手に伝わる話」をすることができます。講義とシナリオロールプレイをあわせて行うことで、対話の技法をお伝えしたいと思っています。シナリオロールプレイは、Zoomのブレイクアウトルームの機能を利用することで、少人数での実施が可能です。

 

内容

前半:LIVE講演(約2時間)

 10:00~12:00

 システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」について解説

後半:シナリオロールプレイと振り返り、解説

 13:00~16:00

 事例の見立てと援助の方法をスクールカウンセラーの視点から体験

 

 

参加費 8,800円

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

 

以下の点にご留意ください

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

※この研修は、資格認定協会の条件を満たした場合、臨床心理士の資格更新ポイントを申請する予定です。

※zoomを活用したオンライン研修会として開催します。

※zoomのブレイクアウトルームを使用します。

※オンライン会議室へのアクセスについてのサポートは行いません。

※事後の録画視聴はございません。

※ZOOMへの接続不良の場合などにも、一切のご返金は行いません。

 

お問い合わせ

お問い合わせは、下記お申し込みページ「主催者に連絡する」というアイコンからお願いいたします

 

お申し込み

https://peatix.com/event/1989101/

 

 

主催

子育てカウンセリング・リソースポート

https://www.resource-port.net/

茨城県守谷市薬師台1-7-5

 

共催

大河原美以心理療法研究室

https://mii-sensei.com/