研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年9月12日(日)10:00-16:20
会場
オンライン Zoom
テーマ
日本精神分析的自己心理学研究会 第20回定例会「メンタライジング・アプローチの介入のエッセンス」
備考

日本精神分析的自己心理学研究会

第20回定例会「メンタライジング・アプローチの介入のエッセンス」

 

 当研究会では第20回定例会として、日本におけるメンタライゼーションの普及を牽引されている上地雄一郎先生に「(MBTを含む)メンタライジング・アプローチの介入のエッセンス」についてご講演いただく企画をいたしました。MBTを含む「メンタライジング・アプローチ」は、セラピーの「学派」ではなく治療の「モデル」(発達的治療の統合的モデル)です。治療モデルですから、参加者のオリエンテーション(精神分析、認知行動療法、クライエント中心療法など)に関わりなく学んでいただけます。また、その後色々な立場で児童思春期の臨床に関わられている中堅心理師たちに様々な経験をお話していただき、上地先生にコメントをいただくシンポジウムを開催いたします。お昼にはランチョンセミナーとして運営委員による学会発表講座を開催しますので、ご都合のよろしい方、関心を持たれた方はお気軽にご視聴ください。なお、本定例会は医療、福祉、教育などの臨床領域に携わる専門家の方であれば、当会の会員・非会員にかかわらず参加が可能です。どうぞ奮ってご参加ください。

 

日程:

2021年9月12日(日)10:00-16:20

 

方法:オンライン(Zoom使用)

 

プログラム:

 

9:30-10:00  ミーティング・ルーム入場時間

 

午前の部

10:00-12:10 講義「(MBTを含む)メンタライジング・アプローチの介入のエッセンス」

                講師 上地雄一郎(岡山大学)

                司会 宍戸 靖子(NPO法人九州大学 こころとそだちの相談室)

 

お昼の部             

12:10-12:45 お昼休み

12:45-13:25 ランチョンセミナー

「まだ早い?自分なんかが?そんな若手・中堅臨床家のための学会発表講座」

                講師 小林 陵(横浜市立大学附属病院)

13:25-13:30 休憩

 

 

午後の部

13:30-16:20 シンポジウム「児童思春期の臨床を始める」

          シンポジスト 尾谷 健(横浜いずみ学園)

                 荻野基介(垂水病院・甲南大学心理臨床カウンセリングルーム) 

                 井手原千恵(名古屋大学学生支援本部アビリティ支援センター)

            指定討論 上地雄一郎

              司会 小泉 誠(甲子園大学)

 

16:20-16:30 休憩

16:30-17:00 総会 (会員のみ)

 

講師紹介

上地雄一郎先生:

岡山大学特命教授。元は精神分析の対人関係学派で自己心理学にも傾倒し、それに加えて現在はMBTを始めとするメンタライジング・アプローチを推進しており、それに関する訳書や著書がある。

 

参加費

 

会員 無料

非会員 3000円

 

臨床心理士資格認定協会の研修ポイント(2P)を申請予定です。

 

参加資格

医師、公認心理師/臨床心理士の資格を取得されている方、または教育・医療・福祉・司法・産業の現場で、こころの臨床に携わる業務をされている守秘義務をもつ方。

 

問い合わせ・申し込み

 

参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。

 

申込フォーム:

https://board370.wixsite.com/selfpsy/events-1/dai20kaiteireikai/form

 

また、フォームが上手く送信できない等がございましたら、以下のメールアドレスまで

お名前、連絡先、ご所属、職種、お持ちの方は臨床心理士登録番号、JAPSPの会員か非会員か、参加を希望される日程(全日、午前のみ、午後のみなど)をご記入の上、下記の事務局メールアドレスまでご連絡ください。

 

定例会事務局:

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

申し込み期日

2021年8月31日(火)まで

 

主催

日本精神分析的自己心理学研究会

追加情報

開催日程
2021年8月21日(土)
会場
オンライン
テーマ
発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究
備考

大阪府臨床心理士会

ご担当者 様

お世話になっております。
現在、当法人では、シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』を開催させていただいております。
つきましては、第4回の研修会情報をホームページや、メーリングリスト等でご紹介していただけますと幸いです。

本研修では、発達障害児者への効果も研究されており、発達障害児者の心理的支援等に関わる専門職としては、知っておくべき知識・技法である認知行動療法について、複数回に渡ってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただきます。

第4回は2021年8月21日(土)に開催させていただき、発達障害児者の情動調整への支援ー社会性と情動の学習(SEL)プログラムー実践・研究をテーマに、山根 隆宏先生(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)をお招きし、ご講演いただきます。
 
・子どもの発達と社会性と情動の学習(SEL)
・発達障害児者の不安や怒り等の情動調整の問題
・発達障害児者の情動調整への認知行動療法やSELプログラムの効果
・放課後等デイサービスや特別支援学級におけるSELプログラム(PEACE)の実践と効果研究
・発達障害児者の情動調整支援に役立つ工夫やツール


などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。
見逃し配信もございます。


研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。

https://cbt4.peatix.com/view



一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド
研修担当 湯田

-eureka-
http://eureka-himeji.jimdo.com/

追加情報

開催日程
ライブ視聴:2021年9月11日(土)10:00~16:30 録画視聴:2021年9月12日(日)~10月12日(火)
会場
WEB上
テーマ
これからのこころの支援
備考
【内容】
これからの時代におけるメンタルケアについて、ITを活用し幅広い支援を展開している専門家が、対話形式でこれからのこころの支援について考えるイベントです。
専門家はもちろん、一般の方の参加も大歓迎のセミナーです。
 
【受講料】
ライブ視聴:3,000円(税込)
録画視聴:3,000円(税込)
【講師】
樺沢紫苑(精神科医)
長坂剛(習慣化アプリ「みんチャレ」 代表取締役)
ゼロ高等学校(サポート校)
あおきしゅんたろう(岩野・あおきのばっちこい心理学)
太田滋春(パンダ先生のこころメンテ)
武田正文(武田正文の仏心チャンネル)
岡村優希(京都CBTセンター所長)
【対象】
どなたでもご参加頂けます。
【申込み】
こちらのフォームよりお申込みください。
 
 
【主催】
京都CBTセンター
 
【お問い合わせ先】
京都CBTセンター事務局
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年9月23日(木)19:00-21:00
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
【オンライン研修】対人援助職のための性被害支援の基礎セミナー
備考

【研修内容】

性犯罪被害者をどのように支援していくのか。

「性被害」とは何か?

 法務総合研究所の犯罪被害者実態調査の報告によると、性的事件による犯罪被害は暗数が大きく、被害に遭っても捜査機関に届けた比率が低いと言われています。

今回の研修では、性犯罪被害者支援に関わる上で知っておくべき基礎的な専門知識や、性被害支援の実際についてご説明していきます。

初学者の方でも理解しやすいよう、性被害の特徴や二次被害、性被害に関する相談の受け方、支援者として気をつけておくべきことなど、基礎から説明していきます。また、福祉制度や刑法などの法律的な動き、警察連携なども実際の事例を用いながらご紹介する予定ですので、支援経験者の専門家の方にも臨床で活用していただける内容になっています。

性被害犯罪支援に関する研修は少なく、貴重な機会となります。ご興味がある初学者、学びはじめて間もない対人援助の専門家の方、ぜひご参加お待ちしております。

なお、本研修の受講費の一部を、しんぐるまざあず・ふぉーらむと性暴力救援センター・SARC東京に寄附させていただく予定です。奮ってご参加ください。

【講師】丸山裕代さん

(社会福祉士・産業カウンセラー 認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事)

 認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむにて約20年に渡りシングルマザー支援活動に携わりながら、自治体の婦人相談員や母子父子自立支援員として困難女性の支援を行う。現在はフリーの相談員として様々な機関でのカウンセリングや専門相談等行いながら、自治体の犯罪被害者専門相談員としても活動中。

【対象】

守秘義務のある対人援助職(臨床心理士、公認心理師、社会福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、精神保健福祉士、医師など)

【日程】2021923日(木)19:00-21:00

 

【参加費】3,000

 

【参加方法】オンライン(ZOOM) 当日はカメラOFFでも参加可能です。途中退室も可。

 

【申込期限】2021/9/20

 

【申し込み方法】

https://forms.gle/QpAP4guRtvgXTpik8

 

【共催】

合同会社Poco stepHP:pocostep.com) 、メンタルライフサポートPrimoPassoHP:primo-passo.net

 

【お問い合わせ】

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

追加情報

開催日程
2021年10月17日(日)12:00~16:45
会場
ZOOMによるオンライン開催
テーマ
治療関係における相互性と協働
備考

日時:2021年10月17日(日)

12:00~14:00 症例検討会

 報告者 馬場天信(追手門学院大学/KIPP桃山オフィス)

14:15~16:45 講義

 テーマ『治療関係における相互性と協働』

 講師:平井正三先生(御池心理療法センター)

対象:医師、臨床心理士、公認心理師、両資格を目指す大学院生と大学院修了生

参加費:6,000円(一般)3,000円(大学院生と大学院修了後1年目の方)

申込み:ホームページ http://bunseki-kobe.comの申し込みフォームよりお願いします。

申込み期限:2021年10月7日(木)

連絡先:精神分析研究会・事務局 E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

主催:精神分析研究会・神戸 http://bunseki-kobe.com

運営委員:小林俊三(代表)

櫻井興平 辻河昌登 馬場天信 星野修一 松村博史 守田敦子

 

追加情報

開催日程
2021年8月29日(日)10:00~12:00
会場
Zoomオンライン
テーマ
公認心理師の働き方に関する基礎知識
備考

「働き方に関する基礎知識」について、労務の専門家であるゆき社会保険労務士の藤原優希先生をお招きし、学びの機会としたいと考えています。奮ってご応募ください。

【参加費】3000円(兵庫県公認心理師会有料会員2000円)

詳細、お申込みは以下のページをご覧ください。

http://ptix.at/E6bFWR 

【主催】

兵庫県公認心理師会

https://www.hyogo-cpp.com/

追加情報

開催日程
2021年8月22日
会場
オンライン開催
テーマ
教育現場における困りごと・悩みごとー家族療法の活かし方ー
備考

主催:なら思春期・不登校支援研究所

 

この度、東豊先生を招いて、セミナーを開催いたします。教育現場におけるさまざまな困りごとや悩みごとに東先生がオンラインで応えてくださいます。

東先生からのメッセージです

「今回の講座はみなさんが「現場で日頃か ら困っていること・悩んでいること」につ いて応えていく形で進めたいと思っていま す。ぜひ、様々な質問や日頃困っている事 例などをご提示ください。 家族に関することでなくてもかまいませ んので、お気軽にご質問ください。」

 事前に質問や事例を募ります。

ぜひ、奮ってご参加ください。

 

 【日時】2021年8月22日(日)13:00~16:00

 【場所】ZOOMによるオンライン開催

 【講師】東 豊 (龍谷大学文学部臨床心理学科・同大学院文学研究科臨床心理学専攻 教授)

 【参加費】5000円

 【申し込みフォーム】http://nara-futoko.net/index_mailform_higashi2.html

 

 

 

 

追加情報

開催日程
2021年9月27日(月)AM10時~10月27日(水)PM12時
会場
オンライン
テーマ
WISC-Ⅳオンライン研修会 パート1 ~解釈の基本を押さえ、支援に活かす~
備考

~研修内容~ 
5時間を4部構成に分けてお話しします。まず、第1部・2部ではWISC—Ⅳの理論的な枠組みや指標、下位検査及び行動観察からの解釈方法について1つの事例を通してお話します。第3部では読み書き等学習に躓きを持つケースの結果の解釈、結果から考えられる支援方法について、第4部では行動や社会性に躓きを持つケースの結果の解釈、結果から考えられる支援方法についてお話しします。支援方法についてはワークシートや教材なども多く紹介します。検査をとる立場の方、検査結果を踏まえて支援をする立場の方それぞれの立場でお聞きいただける内容です。

◇講師:安住ゆう子 特定非営利活動法人フトゥーロ LD発達相談センターかながわ所長(公認心理師・特別支援教育士SV)
◇対象:心理士・教員・福祉医療関係者等支援者
◇配信期間:2021年9月27日(月)AM10時~10月27日(水)PM12時
◇申し込み締め切り:9月25日(土) 
◇講義時間:5時間 
◇受講料:8,000円
◇お申込み方法:Peatix(グループ・イベント管理サービス)にて申し込み・ご入金・資料送付をおこないます。
◇臨床心理士ポイント申請中・S.E.N.S更新2ポイント申請中

*WISCーⅣに関して、今回の研修内容に関連したご質問(お聞きになりたい内容)がおありでしたら、可能な範囲で研修内容に盛り込みます。
質問受付期間:8月5日(土)まで

*ポイント取得ご希望の方は、受講の証明として研修内容のまとめ・感想をご送信いただきます。  
送信期限:10月27日(水)

*「研修内容に関連したご質問」「研修内容のまとめと感想」のいずれも指定のフォームをご利用ください。

*実技講習会ではありません(ご質問も実施法については受け付けません) 

*オンライン研修であるため、検査用具は写しません。検査内容をある程度知った上でご受講下さいますようお願いいたします。

*申し込み後の返金は受けかねます(参加者側の通信環境の問題により、受講できない場合も含めます)。

*アクセスが集中した場合、一時的に講義動画が視聴や資料のダウンロードができなくなる可能性があります。恐れ入りますが、少し経ってから再度お試しください。

*研修における守秘義務を遵守してください。研修動画の録画録音や研修資料の無断転載、申込者以外への研修動画の譲渡は固く禁じます。

追加情報

開催日程
2021年9月19日(日)10時~16時
会場
オンライン(Zoom)
テーマ
「精神分析における”多元世界”という視座:患者と臨床家が創るもの」
備考

日本精神分析的自己心理学協会

2021年度第1回公開セミナー 『当事者としての治療者』出版記念セミナー

精神分析における”多元世界”という視座:患者と臨床家が創るもの

日本精神分析的自己心理学協会が主催する2021年度第1回公開セミナーのお知らせです。今回の講師は弊協会代表理事の富樫公一が務めます。

午前の部のテーマは「臨床家の加害性」です。私たちは治療・支援を目的として患者と接しています。それは基本的に善意に基づいており、患者のためを思って行われます。しかし、私たちの関わりには想定さえしない加害的な側面があります。講演ではこの加害的側面に気づくこと、そして加害的側面を抱える私たち臨床家が如何に患者と関わっていくかを論じます。指定討論には、気鋭の若手精神分析的心理療法家である山崎孝明先生をお迎えします。

午後の部は「精神分析と未来: PluriverseLocalization」と題し、精神分析における多元世界の考え方を呈示します。世界を単一のものと考えると、専門家がすでにデザインされた1つの精神分析を提供することになります。世界を多元的なものと考えると、誰がどのようにデザインした精神分析が生まれるのでしょうか。講師からの話題提供を受け、精神分析の持続可能性について参加者の皆さまと対話します。これは、精神分析を専門家だけのものにせず、どんな人にも活用できるものにするため、皆さんとともに行う挑戦です。

講師の富樫代表は『The Psychoanalytic Zero (Routledge)』でNAAPアメリカ精神分析協会の2020年グラディーヴァ賞(最優秀著作部門)を受賞しました。国際的に活躍する精神分析家により現代自己心理学、間主観性理論の最先端に触れる機会を提供します。セミナーはZoomによるオンライン開催です。全国から受講者をお待ちしています。子育て、介護等で研修に日ごろなかなか参加できない方も是非とも受講ください。なお、本セミナーは「臨床心理士資格更新のためのポイント(2ポイント)」を申請予定です。

1.         概要

[日 時]  2021919()10:0016:00

[場 所]  Zoomによるオンライン開催

[講 師]  富樫公一(甲南大学/栄橋心理相談室)

[参加費]       (1)JFPSP正規訓練生…4,000

(2)大学院生(修士課程)…4,500円     

(3)その他守秘義務を有する専門家…6,500

[申込方法] JFPSPHP上、申込フォームよりお願いします。

      http://jfpsp.net/OpenSeminar2021.html

[問合せ先] E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

[重 要]  本セミナーは、JFPSP自己心理学協会によって全編録画します。録画した動画は後日、JFPSPにより有料配信を予定しています。個人による録音・録画は固く禁じております。

質疑応答も録画対象です。録画映像からご自身の発言を削除することを希望される場合は、2021930日までにこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までにご一報ください。

[割 引]  本セミナーは「当事者としての治療者」出版記念セミナーです。以下のリンク先にある注文書を利用頂くことで、割引価格で書籍を購入頂けます。

                https://bit.ly/3qPFzrE

2.         プログラム

午前の部 【講演と討論】 10:00 – 12:00

[題目]   臨床家の加害性:差別と偏見のリスクに臨床家はどう向き合うか

[講師]   富樫公一

[指定討論] 山崎孝明(子ども・思春期メンタルクリニック)

[司会]   小泉 誠(甲子園大学)

昼休憩   12:00 – 13:00 

午後の部 【対話】 13:00 – 16:00

[話題]   精神分析と未来: PluriverseLocalization

[話題提供] 富樫公一

[司会]   山崎孝明

追加情報

開催日程
2021年9月26日~2022年7月31日
会場
zoomによるオンラインセミナー
テーマ
精神分析とは何かーフロイトの業績からその基礎を学ぶー
備考
当セミナーでは、2021年9月から4年を1クールとした新たなクールが始まります。1年目(計10回:オンライン開催)となる第24期は、精神分析の創始者フロイトの文献を辿りながら、精神分析の基礎をじっくりと学んでいきたいと思います。

開催期間:2021年9月26日(日)~2022年7月31日(日)
回数:月1回、年10回。
内容:午前中は講義(定員100名)、午後は事例検討会(定員15名)
   午前と午後の参加は別々に募集します。
対象:精神分析、精神分析的精神療法・心理療法に関心をお持ちの医師、心理職及び、心理臨床を学んでいる大学院生で守秘義務を遵守できる方。
詳細・申込み:大阪精神分析セミナーホームページ (24期案内)
https://www.oskps.com/2021seminar.html 
をご確認いただき、お申込みください。

皆さまとともに学ぶ機会をもつことができましたら幸いです。

お問い合わせ:大阪精神分析セミナー事務局
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。