研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2024年7月14日(日) 13:30~16:00
会場
オンライン(Zoomウェビナー)
テーマ
守秘義務
備考

【概要】

「こころの秘密を守ること」。

これはあらゆる対人援助職で当然とされる前提であり、倫理であり、法的に明文化されている事柄です。古今より、秘密がきちんと守られるという「守秘義務」があるからこそ、人は自身の悩みや苦しみを誰かに語ることができると認識されてきました。

 

「当たり前のことじゃないか」「私は当然秘密を守っている」

そう言う向きもあるでしょう。

しかし、考えてみると、必ずしも、守秘義務が優先されない事態があります。

それは例えば、虐待の「報告義務」です。すべての国民は虐待やその疑いを知った場合、通告する義務があります。

そこに秘密保持が介在する余地はありません。

当人から「誰にも言ってほしくない」と言われたけれども生命に危険が及んでいる場合、組織として周囲に報告しなくてはならない場合など、意外と守秘義務が解除されてしまう局面は多くあります。

 

ある種の弱者が虐げられていると知った場合、対人援助職はどのように動くべきなのか?

スーパーヴィジョン、事例検討会、論文執筆などにおいて、守秘義務はどのように扱われるべきなのか?

「集団守秘」は実践上も法務上も妥当な視点なのだろうか?

 

このような極めて実際的な問題を検討するにあたり、今回、『こころの秘密が脅かされるとき』の刊行を機に、医師、心理職、ソーシャルワーカー、法律実務家の先生方をお招きし、多角的に議論する場を設けました。

皆様も日頃、守秘や法律をめぐってさまざまな葛藤や考えをお持ちだと思います。

そこで、事前に参加者の方々からコメントや質問を受け付けて、当日、議論のトピックとして活かせることができればとも考えています。

奮ってご参加ください。

 

【講師】

筒井亮太(たちメンタルクリニック・上本町心理臨床オフィス)

岡野憲一郎(本郷の森診療所 院長)

浜内彩乃(大阪・京都こころの発達研究所 葉 代表)

永田悠芽(上町カウンセリングオフィス 代表)

林仁司(含翠法律事務所)

 

【内容】

1. 『こころの秘密が脅かされるとき』の紹介(筒井先生)と意見交換

2. 架空事例の集団討議(筒井・岡野・浜内・永田・林先生)

3. 参加者との質疑応答

 

【定員】

500名

 

【参加費】

3,000円(税込)

 

【申込締切】

2024年7月14日(日)13:00まで

※定員に達し次第、受け付けを締め切らせていただきます。

 

【申込方法】

お申し込みは下記サイトからお願いいたします。

https://sogensha-syuhigimu.peatix.com/

 

【問い合わせ先】

創元社オンラインセミナー担当

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6

TEL:06-6231-9010

Email: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2024.07.11~2024.08.29
会場
オンライン
テーマ
マインドフルネス
備考

はじめに

マインドフルネスは歴史も実績もある科学的なアプローチです。マインドフルネスは、痛みや苦痛などストレスを抱えた患者様や相談者様に、新しい関わり方をもたらします。ストレスに曝される対人支援職のセルフケアとしても有効で、ストレス低減のほか、集中力や感情調整の向上などポジティブな効果が経済界で注目されています。

 

マインドフルネスは、1979年に誕生した「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」というプログラムに由来します。講師はMBSR講師として Institute for Mindfulness-Based Approaches 認定を受けているため、国際標準の正式な「マインドフルネスストレス低減法(MBSR)」をおこなうことができます。

 

2024年7月11月より、マインドフルネスストレス低減法を対面・オンラインで開催します。支援職としてのスキルアップと同時に、自分自身のケアとしても十分に役立つマインドフルネスを始めてみませんか?

 

 

概要

開催期間: 2024年7月11日(木)~8月29日(木) 

開催時間: 19:20 ~ 21:50

      1day リトリート: 8月18日(日)9:00~16:00

開催形式: オンライン/対面(栃木市民交流センターにて開催予定)

募集人数: 最大20名(最少遂行人数3名)

申込期限: 2024年7月8日(月)0:00

 

※ハンドブックの送付や事前連絡等が必要なため、お早めにお申し込みをお願い致します。

 

 

スケジュール

Week1 7月11日 19:20 ~ 21:50

Week2 7月18日 19:20 ~ 21:50

Week3 7月25日 19:20 ~ 21:50

Week4 8月1日 19:20 ~ 21:50

Week5 8月8日 19:20 ~ 21:50

Week6 8月15日 19:20 ~ 21:50

1day リトリート 8月18日 8:00 ~ 15:00

Week7 8月22日 19:20 ~ 21:50

Week8 8月29日 19:20 ~ 21:50

 

 

受講料

(1) 早割チケット: 1名様につき 50,000円(税込)

 開催14日前の0:00までにお申込みいただいた場合に適用となります。

(2) 一般チケット: 1名様につき 60,000円(税込)

 

(3) 若手・学生チケット: 本コースへの参加1名様につき 44,000円(税込)

 18歳以上の学生や、仕事をし始めて概ね5年以内の方を対象としています。その他、経済的にやむを得ない事情のある方にもお選びいただけます。

 

 

対象

・18歳以上の一般の成人のかた

・対人支援職(医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、看護師、公認心理師、臨床心理士、スクールカウンセラー、介護福祉士、社会福祉士、教員、保育士など)

※ 対人支援職だけでなく、一般のかたも受講いただけるものとなっています。

 

 

*臨床心理士資格ポイント申請予定

 

追加情報

開催日程
2024年7月14日(日)、15日(月)
会場
関西医科大学 枚方キャンパス
備考

日程:初級 催眠誘導基礎 2024年7月14日(日)9:30~17:00

   中級 自我強化法  2024年7月15日(月・祝)9:00~17:00

参加資格:医師・歯科医師・臨床心理士・公認心理師、その他当学会の入会資格を有する者

参加費:正会員:14,000円(両日24,000円)、学生会員:10,000円(両日16,000円)、非会員:16,000円、非会員学生:12,000円

追加情報

開催日程
・ライブ配信:2024年8月18日(日)10:00~16:00(途中休憩1時間) ・アーカイブ視聴期間:無期限
会場
オンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「心理検査の所見を作成するための思考プロセス」
備考

■概要

 心理検査の実施法や解釈法、所見の書き方などはマニュアルを通して学ぶことができますが、得られた結果をどのように所見に落とし込むのかを学ぶことは難しいように思われます。特に初学者の方々からも、学び方が分からずに苦労するという話をよくお聞きします。

 心理検査はただマニュアル通りに実施し、マニュアル通りに数値化し、マニュアル通りに結果が出力される、というオートマチックなものではありません。心理検査は臨床的判断が求められる職人芸的な側面があります。心理検査の実施のプロセスの中で心理職は何に着目し、どのように情報やデータを収集・解析し、以下に所見に落とし込んでいくのでしょうか。そして、そうした時に、心理職はどのような思考プロセスを巡らしているのでしょうか。

 本セミナーでは心理検査の実施から解釈に至るまで、検査者のなかで生じる思考プロセスについて解説します。全ての心理検査でこれらを取り扱うことができないので、一番思考プロセスが如実にあらわれる描画テストである【バウムテスト】を取りあげます。しかし、単にバウムテストを学ぶだけのセミナーではありません。バウムテストは一例であり、その中で行われている思考プロセスを学ぶことで他の心理検査でも適用していくことができるようになるでしょう。

 セミナーでは講義だけではなく、ワークなどを通して、実施から所見を作成するまでの方法について体験的に学んでいきます。このことにより、より生きた所見、役に立つ所見の作成ができるようになります。特に心理検査の単純な実施から抜け出し、熟練者に至ろうとしている心理職には非常に役立つものとなるでしょう。さらに、初学者でも今後の心理検査の習熟のための道程を知ることができる点で有用なものとなるでしょう。

■本セミナーで学べること

・心理検査を実施する上でのスタンス

・心理検査の施行から所見書きまで方法

・心理検査を実施するための思考プロセス

・役に立つ心理検査の所見の書き方

■講師

星野修一 先生

 現職:大阪・京都こころの発達研究所

 資格:臨床心理士、公認心理師

 経歴:2008 神戸大学大学院総合人間科学研究科修士課程修了。2023年、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程(臨床実践指導者コース)単位取得退学。精神科病院や教育機関、カウンセリングルームなどでの臨床経験あり。現在は、カウンセリングルーム、精神科クリニックや学生相談で活動している。

■日時

・ライブ配信:2024818日(日)10:0016:00(途中休憩1時間)

・アーカイブ視聴期間:無期限

■参加費

5,000

体調不良、急用、家庭の用事など個人的な理由であってもキャンセルの場合には返金します。

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

・自治体などで請求書払いが必要な方は このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までメールでご連絡ください。

■オンライン開催

・ライブ配信はZoomを用いています。

・アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。心理検査や心理アセスメントなどに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント取得可能です。

■申し込み期日

・ライブ配信に参加の方:2024818日(日)まで

・アーカイブ視聴を希望の方:無期限

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

■詳細と申し込み

参加希望者は以下から申し込みください。

https://s-office-k.com/product/semi-thought-process-psycho-test

追加情報

開催日程
2024年6月16日~2024年10月31日
会場
オンライン
テーマ
行動療法を用いた子どもへの支援

追加情報

開催日程
無期限
会場
オンライン
テーマ
アーカイブ視聴「母子関係とアタッチメント-ウィニコットとボウルヴィから-」
備考

アーカイブ視聴「母子関係とアタッチメント-ウィニコットとボウルヴィから-

■概要

 フロイトが創始した精神分析は、初期の頃にはエディプスコンプレックスが理論の軸となっており、そのため父子関係が非常に重視されていた。しかし、その後、メラニー・クラインによる児童分析の研究が進み、対象関係論が隆盛するようになった。それにともなって早期の母子関係についての理解が進むようになり、父子関係よりも母子関係に比重が置かれるようになっていった。

 母子関係を重視した精神分析家としてウィニコットとボウルヴィが挙げられる。ウィニコットは小児科医であり、精神分析家でもあるが、メラニー・クラインからスーパービジョンを受けており、その影響を強く受けていた。しかし、次第に独自の見解を発展させるようになり、結果的にクライン派から離脱した。ウィニコットはホールディング、ほどよい母親、スクイグルゲーム、遊ぶことなど独自の理論や技法を発展させ、現代の精神分析においても強い影響を与えている。

 もう一人、母子関係を重視した精神分析家にボウルヴィがいる。ボウルヴィもウィニコットと同じようにメラニー・クラインにスーパービジョンを受け、精神分析家になった。しかし、内的空想に重きを置くクラインや精神分析から次第に距離を取り、母子関係の現実的な側面に着目するようになった。その中でアタッチメント理論やマターナル・デプリベーションについての理論を発展させた。

 現代は、ウィニコットやボウルヴィが生きた時代から既に半世紀が経とうとしているが、児童虐待や不登校、発達障害など子どもの問題は非常に注目を集めている。彼らの理論を用いることによって、こうした現代的な問題について理解を深め、関わっていくことができるだろう。

 このセミナーでは母子関係を特に重視したウィニコットとボウルヴィを取り上げる。この二人の理論を振り返り、臨床実践にどのように活用していくのかについて学ぶ。精神分析に興味がある人はもちろん、精神分析にはあまり馴染みが無くても児童臨床や母子に関わる支援をしている人にも役立つ内容となっている。

■本セミナーで学べること

・ウィニコットの理論と臨床

・ボウルヴィの理論と臨床

・子どもの臨床について必要なこと

・精神分析的な母子理解 等々

■講師

細澤仁 先生

 所属:フェルマータ・メンタルクリニック、アイリス心理相談室

 資格:精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本精神分析学会認定精神療法医・スーパーバイザー

 出身大学:神戸大学医学部 卒業

 経歴:神戸大学大学院医学系研究科助手、兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授を経て、現職。

■視聴時間

5時間

■アーカイブの視聴期間

無期限

■参加費

5,000

体調不良、急用、家庭の用事など個人的な理由であってもキャンセルの場合には返金します。

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

・自治体などで請求書払いが必要な方は このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までメールでご連絡ください。

■オンライン開催

アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。母子臨床や精神分析などに興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。

■申し込み期日

無期限

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

■申し込み方法

参加希望者は以下から申し込みください。

https://s-office-k.com/product/semi-bowlby-winnicott

追加情報

開催日程
日本思春期青年期精神医学会第36回大会
会場
千里ライフサイエンスセンター
テーマ
思春期の親たち〜子どもを抱えるための現代的課題〜
備考

日本思春期青年期精神医学会は,下記の要領にて第36回大会を催します。

最新情報は,本学会ホームページならびに大会特設ホームページにて閲覧可能です。 参加手続きは,大会特設ホームページよりお手続きください。 皆さまのご参加・ご発表をお待ちしております。

 

日本思春期青年期精神医学会第36回大会

大会長 増尾 徳行

 

日時

2024年6月29日(土)10:00〜18:30

2024年6月30日(日)10:00〜13:00

 

場所

千里ライフサイエンスセンター

吹田市新千里東町1-4-2

 

学会ホームページ

http://jsaphp.com

大会特設ホームページ

https://jsap36osaka.jp

追加情報

開催日程
5月18日~12月21日
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
認知行動療法の基本を学ぶことのできる連続講座
備考

札幌にある医療法人社団五稜会病院 札幌CBT&EAPセンターのオンラインセミナーのご案内です。

 

当センターのセンター長 坂野雄二(元早稲田大学、元北海道医療大)が

本年5月から対人援助職の方、対人援助職を目指す学生さん・大学院生さんを対象として、

認知行動療法の基本を学ぶことのできる連続講座を開講いたします

(詳細は添付ファイルをご参照いただければと思います)。

 

録画視聴も可能ですので、ぜひご参加ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

追加情報

開催日程
2024年5月18日(土)~無期限
会場
オンライン
テーマ
ゼロから学ぶ!トラウマへのCFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)
備考
【概要】
CFT(コンパッション・フォーカスト・セラピー)をご存じですか?
イギリスで発祥し、うつ病、不安症、PTSD、双極性障害など幅広く効果が実証されている技法です。
本セミナーでは、トラウマに焦点を当てたCFTの基本的な理論や進め方について、講義やワークを通じてゼロから学べる内容となっております。トラウマによる抵抗やフラッシュバックに対してCFTでどのように対処し実践していくのかなど、PTSDや複雑性PTSDの支援に携わっている方にとっても非常に学びのある内容となっております。
 
【本講座で学べる事】
・トラウマ治療の理論と目標
・トラウマ治療のフェーズ1~3
・ケースフォーミュレーション
・フラッシュバックや抵抗に対してCFTをどのように導入するか
・コンパッションの阻害要因
・CFTによるトラウマ治療方法
・CFTを安全に導入するための質問紙「思いやり反応尺度」(2024)
・etc
 
 
【セミナー時間】6時間
 
【会場】オンライン(録画視聴)
【日時】
2024年5月18日(土)~無期限
 
 
【申込受付】
2024年7月21日(日)まで
 
【受講料】
6,000円(税込)
※併せて「ゼロから学ぶ!セルフ・コンパッション臨床実践ワークショップ~アンガーマネジメントへの実践活用~」(7時間/7,000円)及び「ゼロから学ぶ!感情障害へのCFT~うつ・不安症等の感情調節困難者への臨床方法~」(7時間/7,000円)も同時にご参加頂けますとより理解が深まります。
※LINE友達及びオンラインコミュニティ「認知行動療法の学校」会員様は500円割引になります
 
 
【講師】
石村 郁夫
東京成徳大学 応用心理学部 臨床心理学科 准教授/日本ヒューマン・ケア心理学会 事務局長・常任理事/臨床心理士/公認心理師/指導健康心理士
2009年 筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻 発達臨床心理学分野で博士(心理学)を取得
同年、東京成徳大学応用心理学部臨床心理学科および東京成徳大学大学院心理学研究科助教に着任
2013年より同准教授
2017年1月11日に東京成徳大学学内ベンチャー規定で承認を受け「プラスワンラボ合同会社」を設立。
「セルフ・コンパッション【新訳版】」、「トラウマへのセルフ・コンパッション」など多数の書籍を執筆。
 
 
【対象】
心理支援者および大学生、大学院生
【臨床心理士ポイント】
臨床心理士ポイント申請予定
【申込み方法】
こちらのフォームよりお申込みください
 
【主催】
オンライン心理セミナーCAP/FLIFE
 
【お問い合わせ先】
オンライン心理セミナーCAP/FLIFE
代表 奥本浩司
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 

追加情報

開催日程
2024年5月~12月(月1回)
会場
エルおおさか 研修室
テーマ
衝動性、行動化の激しい子どもへの理解と対応
備考

子どもの成長・発達にかかわる多職種からなる研究会です。さまざまな領域から講師をお招きしてテーマについて学び、考えます。

皆様のご参加をお待ちしております。