研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2024年1月27日~2024年3月31日
会場
オンライン
テーマ
子どもの困った行動への対応
備考

本研修では応用行動分析学(ABA)の考え方を基本として困った行動への対応を具体的に学んでいただけます。

 

【講義内容】

・応用行動分析学(ABA)の基本

・困った行動の種類など

・他行動の強化

・架空事例で考える支援 など

 

【日時・申込期限】

ライブ 2024年1月27日(土)19時30分~21時00分(申込1/25迄)

録画視聴期間 2024年1月30日~2024年3月31日迄(申込3/29迄)

 

【対象】子どもの支援者、SC、心理士、保育士、教員、放デイ・児童発達職員、など(ライブ定員:30名、録画定員:制限なし)

 

【詳細・お申込み】

https://aba-intervention2024.peatix.com

 

【講師】

古川卓(一般社団法人KiT代表)

臨床心理士・公認心理師

Mount Allison大学心理学専攻卒業。精神科病院へ勤務後、現在は小児科病院心理士、市町村の心理相談員、子ども総合支援拠点コンサルタント。2022年6月、学習支援、知能検査、療育相談を行う一般社団法人KiTを設立。ペアレントトレーニング、ティーチャーズトレーニングなども実施している。

 

【一般社団法人KiT】

Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

HP:https://support-kit.amebaownd.com

追加情報

開催日程
2024年 4月10日~2025年3月12日、毎月 第2水曜日 19:00~21:05(年間12回) *8月のみ第3水曜日です
会場
オンライン
テーマ
オンライン精神分析研究会-発達障害をめぐって-
備考

オンライン精神分析研究会-発達障害をめぐって-

■概要

 精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。12年目となる2024年度は精神分析と発達障害を取り上げることにしました。自閉スペクトラム症やADHDをはじめとした発達障害は神経生物学的な基盤が推測されています。そして、その支援には環境調整や行動療法的なアプローチが採用されることが多いようです。

 一方で、精神分析は発達障害に対して無力で、無意味なのでしょうか。昨今の精神分析は科学的な発達研究と活発に交流し、その知見を取り入れ、発達障害の研究をすすめてきました。神経生物学的な基盤を無視することはせず、それを前提にしながら、発達障害を持つ子どもや大人の心に触れていき、生き方や人生を支援するような現実的なアプローチを精神分析は模索しています。

 この研究会では精神分析の中で精力的に発達障害の研究を行ってきているメルツァー、タスティン、アルヴァレズなどを中心にして、12本の論文を選びました。いずれも発達障害を持つ子どもや大人でもこのように生き生きとした人間的な交流がみられることを描き出しています。

 研究会では参加者で分担して担当論文を要約してもらいます。そして、それを元に参加者全員で議論します。ちなみに現在では絶版になってしまっている書籍もありますので、お持ちでない書籍についてはこちらでコピーを用意します。

■スケジュールと取り上げる論文

2024

410 メラニー・クライン 自我の発達における象徴形成の重要性(1930

58 エスター・ビック 早期対象関係における皮膚の体験(1968

612 ドナルド・W・ウィニコット 症例Ⅸ アシュトン 12歳(1968

710 フランセス・タスティン 病理的自閉状態のさまざまな形態(1972

821* ドナルド・メルツァー 精神機能のパラメーター(媒介変数)としての次元性:自己愛組織との関係(1975

911 シドニー・クライン 神経症患者における自閉的現象(1980

109 トーマス・オグデン 経験の自閉-隣接ポジションを分析的に扱うこと(1989

1113 アン・アルヴァレズ 心が育つこと-再生の機能(1992

1211 ジュヌヴィエーヴ・ハーグ 精神病と自閉症-サイコセラピーにおいて進展する統合失調症と倒錯、躁うつ病状態(1997

2025

18 スーザン・リード 自閉症の子どものアセスメント-家族の視点から(1999

212 マリア・ロード エコーか答えか-自閉症スペクトラムの三人の子どもたちの言語発達(1999

312 ブリッタ・ブロムバーグ 時間、空間、そしてこころ-自閉症の子どもたちの心理療法(2005

■日時

毎月 2水曜日 19:0021:05(年間12回)

*アーカイブは年間を通して、視聴可能です。

*8月のみ第3水曜日です

■講師

北川 清一郎

 所属:()心理オフィスK 代表取締役

 資格:臨床心理士、公認心理師、日本精神分析学会認定心理療法士、他

 大学院:関西大学大学院修了

 学会:日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本精神分析的心理療法フォーラム、他

 社会活動:日本心理臨床学会代議員、神奈川県臨床心理士会代議員

 経歴:関西大学大学院で臨床心理学を修了。その後、精神科、精神病院、総合病院、教育センター、公立学校SC、児童相談所、EAP、大学相談室などを経て、20157月に心理オフィスKを開業。

■費用

11,000

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます(初回の日時まで)

・システム上のトラブルなどで十分にセミナーに参加できなかった場合には返金保証を行います(初回の日時まで)

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

■オンライン開催

 Zoomをもちいたオンライン開催となります。研究会ではディスカッションもありますので、原則的にカメラやマイクはONにできる環境をご用意ください。研究会の様子はアーカイブで視聴可能です。

■アーカイブの視聴

 アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、キャリアコンサルタント、看護師、教師、保育士、臨床心理士養成大学院の院生など。精神分析に興味のある方は誰でも参加可能です。

■臨床心理士のポイント

 臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。

■日本精神分析学会

 文献講読については、日本精神分析学会の認定グループに指定されており、認定資格を得るための要件を得ることができます。

■アドバイザー

岡達治 先生(岡クリニック院長、日本精神分析学会認定精神療法医・認定スーパーヴァイザー)

■申し込み方法

参加希望者は以下のPeatixのフォームから申し込みください。

https://peatix.com/event/3788985/view

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

追加情報

開催日程
ライブ参加:2024年1月27日(土)10:00~12:00/録画視聴:2024年1月28日~2024年2月28日
会場
オンライン
テーマ
性犯罪の再犯予防と法律を知るセミナー
備考
【研修内容】
<前半>性犯罪に関するカウンセリングと再犯予防についてお話します。
 
『講師:岡村優希』
(株式会社CBTメンタルサポート 代表取締役)
公認心理師、臨床心理士、認定行動療法士
認知行動療法を専門とする私設心理相談室、スクールカウンセラー、ひきこもり支援、性犯罪再犯防止支援等に従事した後、現在は株式会社CBTメンタルサポート代表取締役として認知行動療法の専門家養成事業と認知行動療法専門のカウンセリングルーム「認知行動療法カウンセリングセンター」を運営している。本機関では性犯罪再犯防止プログラムにも取り組んでいる。
 
「講師の声」
性犯罪防止を目的としたカウンセリングは加害者を対象としたものではありますが、それと同時に被害者を増やさないという点においても重要だと考えています。本セミナーでは、性犯罪が繰り返される要因とそれを防止する方法について色々と検討していきたいと考えております。本セミナーが、性犯罪抑止に少しでもつながればと考えております。
 
<後半>性犯罪に関する法律についてのお話と心理職との連携についてのお話します。
 
『講師:鳥飼康二』
弁護士(東京弁護士会、中野すずらん法律事務所)、産業カウンセラー。
「街の弁護士」として様々な事件に取り組む傍ら、カウンセラー向けの講演会や執筆活動を行い、相談団体の法律顧問を務めています。
著書:対人援助職のための個人情報保護法(誠信書房)、事例で学ぶ発達障害の法律問題(ぶどう社)など。
 
「講師の声」
盗撮や痴漢などの性犯罪は、同じ行為を病的に繰り返してしまうことも珍しくないため、単純に刑罰を課すだけでは再犯防止につながりません。本講演では、刑事手続きの流れ(警察による逮捕⇒留置場での勾留⇒検察官による起訴⇒法廷での裁判)を解説しながら、「弁護士の立場から心理職の皆さんへお願いしたいこと」「心理職の皆さんに協力していただきたい場面」を検討します。
 
【会場】オンライン(ライブ+録画視聴)
 
【日時】
◆ライブ参加:2024年1月27日(土)10:00~12:00
 ※先着90名様まで
 ※Zoomによるオンライン参加形式となります。
 
◆録画視聴:2024年1月28日~2024年2月28日
 ※Youtubeによる限定公開となります
 
【セミナー時間】2時間
 
【申込受付】
ライブ参加:2024年1月26日18時まで
録画視聴:2024年2月27日18時まで
 
【受講料】
無料
 
【対象】
心理支援者、法律関係者、本内容に興味のある方
 
【申込み方法】
こちらのPeatixからお申込みください
【主催】
株式会社CBTメンタルサポート
認知行動療法カウンセリングセンター
 
【お問い合わせ先】
株式会社CBTメンタルサポート事務局
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2023年12月12日(火)~2024年4月22日(月)
会場
オンライン
テーマ
アーカイブ視聴「アディクションに対する動機づけ面接」
備考

アーカイブ視聴「アディクションに対する動機づけ面接」

■概要

 心理職など対人援助職を対象にした動機づけ面接についてのセミナーです。

 動機づけ面接(motivational interviewing)は、変化に対する動機づけと自己決定を強化するための対話アプローチです。変化に対する両価性、すなわち、「行動を変えたい、でも今の状態を続けたい」という日常的によくある課題を扱うカウンセリングです。動機づけ面接は、アルコール依存や薬物乱用の問題を持つ方へのアプローチとして始まり、現在では禁煙や生活習慣病、教育、社会福祉、司法矯正領域など活用場面は拡大しています。

 本セミナーでは、動機づけ面接の精神、中核的スキル、面接のプロセスについて取り上げます。講義、リアルプレイ、ロールプレイをとおして、実際の臨床場面で動機づけ面接ができるように進行します。

■配布資料の一部

https://s-office-k.com/wp/wp-content/uploads/2023/07/20231210semi-addiction-motivational-interviewing-resume-image.jpg

■セミナーの様子の一部

https://www.youtube.com/watch?v=5A2zhXduEZ8

■本セミナーで学べること

・アディクションについての基礎知識

・動機づけ面接の精神(PACE

・動機づけ面接の中核的スキル(OARS

・動機づけ面接のプロセス

・プロセスごとの面接の進め方 等々

■講師

西村誠 先生

 所属:伊勢カウンセリングオフィス、東洋英和女学院大学人間科学部非常勤講師、三重県立桑名高等学校衛生看護科非常勤講師、東京都立大学大学院博士後期課程在学

 資格:臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、等

 所属学会・研究会:Motivational Interviewing Network of TrainersMINT)、日本動機づけ面接協会、寛容と連携の日本動機づけ面接学会(JaSMINe)(理事)、日本認知・行動療法学会、MI-CBT研究会、他

 研究テーマ:渇望の維持メカニズム、渇望に対する干渉ベースの介入、動機づけ面接へのイメージの活用

 経歴:東京学芸大学大学院修了。医療法人社団光生会陵南診療所にて依存症のカウンセリング・集団療法に従事後、相模原市役所に社会福祉職(後に心理職)として入庁、保健所、保健福祉施設設置準備課、精神保健福祉センター、子育て支援センター、児童相談所にて勤務。2023年より現職。

中村英司 先生

 所属:札幌刑務支所

 資格:公認心理師

 所属学会・研究会:MINTMotivational Interviewing Network of Trainers)、日本動機づけ面接協会、寛容と連携の日本動機づけ面接学会(JaSMINe)(常任理事)、ACT-Japan、日本矯正教育学会、MI-CBT研究会、北海道MI道場、他

 経歴:少年院と少年鑑別所において、法務教官として17年間勤務し、薬物依存や性非行、生命犯の少年らを多く受け持った。札幌刑務所に異動後は性犯罪再犯防止指導や薬物、アルコールなどのプログラムを担当。現在は支所において女子受刑者と関わっている。第5種少年院における保護観察復帰プログラムとして、動機づけ面接の理論を取り入れた「RISE」を開発。矯正職員を対象とした研修は延べ80回を超えているほか、家庭裁判所調査官や精神科クリニックのスタッフなどにもMIのトレーニングを行っている。寛容と連携の日本動機づけ面接学会(JaSMINe)が主宰する指導者研修(トレーナー研修)でコ・トレーナーを務めた。

 著作・論文:矯正職員のための動機づけ面接(2017、矯正協会)、矯正職員のための動機づけ面接(実践編)(2022、矯正協会)、改善指導における動機づけ面接と認知行動療法の統合に関する検討(2023、日本矯正教育学会)

■収録時間

5時間(グループワーク含む)

■アーカイブ視聴期間

20231212日(火)~2024422日(月)

■参加費

5,500

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで十分に視聴できない時でも返金します。

・支払い方法は銀行振込、コンビニ払い、クレジットカード払いがあります。

■オンライン開催

アーカイブ視聴はVimeoを用いています。視聴可能かどうかは以下のテスト視聴のページをご覧ください。映像と音声がうまく再生できていればアーカイブは視聴可能です。

https://vimeo.com/871296525

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。アディクションや動機づけ面接に興味を持っていればどなたでも参加可能です。

■申し込み方法

参加希望者は以下のPeatixのフォームから申し込みください。

https://peatix.com/event/3650447/view

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目(2ポイント)で申請する予定です。また、アーカイブ視聴でもポイント申請可能です。

■申し込み期日

2024418日(木)まで

■主催

()心理オフィスK https://s-office-k.com

■その他のセミナーの一覧

https://s-office-k.com/professional/seminars

追加情報

開催日程
2024/03/30-31
会場
ウェビナー併用(現地は茨城県水戸市)
テーマ
精神分析セミナー: 精神分析という営みⅡ 「援助/被援助関係のなかで起きること」
備考

精神分析家の藤山直樹先生を水戸にお招きした精神分析セミナーの第2回を開催します。20233月に行われた第一回は、大変好評をいただきました。今回も多くの方の参加をお待ちしています。詳しくはHPをご覧ください。

***


講師:精神分析家 藤山直樹先生
日時:
1
日目 講演会 
 2024330() 18時から20
2
日目 ケースセミナー 
 2024331() 9時半から11時半
会場:水戸メンタルクリニック本院4階とウェビナーのハイブリッド

セミナー詳細:http://epsylon.jp/event/202403seminar/
参加申込ページ
https://app.payvent.net/embedded_forms/show/656843e56bc7054ad9765f50
問い合わせ先(メールアドレスや電話番号など)
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
第1回:2024年1月27日(土)、第2回:2024年3月23日(土)、第3回2024年5月18日(土)、第4回:2024年7月27日(土)、第5回:2024年9月28日(土)、第6回:2024年11月16日(土)
会場
オンライン(Zoom)/ 現地(創元社:大阪市中央区淡路町4丁目3-6)
備考

《2024年‘かしまえりこ’のスクールカウンセリング・ケースカンファレンス(単回参加)》

 

2023年の現地とオンラインでのハイブリッド形式での開催は、みなさまの変わらない温かいご協力のおかげで無事に終了することができました。

2024年もその経験を活かしつつ、セミナー開催を予定しております。

つきましては、2024年かしまセミナー単回参加を募集いたします。

 

※新規お申込みの方は、初回は必ず現地(創元社セミナールーム)でご参加ください。

 

【講  師】 かしまえりこ(嘉嶋領子)

 

【開催日程】 

第1回 2024年 1月27日(土) 11:00~17:00 

第2回 2024年 3月23日(土) 10:30~17:00(予定)

第3回 2024年 5月18日(土) 10:30~17:00(予定)

第4回 2024年 7月27日(土) 10:30~17:00(予定)

第5回 2024年 9月28日(土) 10:30~17:00(予定)

第6回 2024年 11月16日(土) 10:30~17:00(予定)        

 

【会  場】 

・オンライン(Zoom)/ 現地(創元社:大阪市中央区淡路町4-3-6 4Fセミナールーム)

 ※ただし、新規ご参加の方は、初回は必ず現地でご参加ください。

  初回オンラインでのご参加は認められません。

 

【参加資格】

・臨床心理士もしくはそれに準ずる方で、守秘義務を遵守でき、かつ現在、スクールカウンセリング等の心理臨床の職務に携わっておられる方。

 

【定  員】

・現地参加:各回23名(定員になり次第、受け付けを締め切らせていただきます。)

・オンライン参加:制限無し 

 

【受 講 料】

・現地参加:16,000円/回       

・オンライン参加 10,000円/回

 

【申込締切】

・現地参加:定員に達し次第、締め切らせていただきます。

・オンライン参加:開催月の第1金曜日まで

 

【申込方法】

詳細は、下記サイトをご参照ください。

https://sites.google.com/view/kashimaseminar2024-tankai/

Webの申込フォームよりお申し込みいただけます。

 

◆このセミナーは、臨床心理士資格更新ポイントセミナーとして申請予定です。

・受講者:2ポイント/回

・事例提供者:4ポイント/回

 

問い合わせ先:

創元社セミナー係

〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-3-6

TEL:06-6231-9011 

FAX:06-6233-3112

E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
1月31日(水)19時 — 20時30分
会場
オンライン
テーマ
「よくわかるACT」は「さらに」よくわかるようになったのか:第2版の改訂ポイントとは何か?(「よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)〈改訂第2版〉上・下」公刊記念イベント)
備考

『「よくわかるACT」は「さらに」よくわかるようになったのか:第2版の改訂ポイントとは何か?(「よくわかるACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)〈改訂第2版〉上・下」公刊記念イベント)』

   登壇者:武藤崇 先生(同志社大学 心理学部 教授)

   モデレーター:安東大起(日本公認心理師ネットワーク/一般社団法人パーマネント・クリエイティブ・マインド)

   日時:131()19時 — 2030(見逃し配信あり)

   場所:オンライン

   詳細・お申し込み:https://actmadesimple2.peatix.com

8980円の書籍あり(上下巻セット)チケットは、セミナー料金が2,150円お得になります。

発送時期は、2024117日以降を予定しております(星和書店より発送されます)。

なお、申し込まれるタイミングによっては書籍が開催日に届かない可能性がございますことご了承ください。

書籍をご希望の方はなるべく126日までにお申込みください。 


*
見逃し配信は一週間後に配信を開始いたします。2024年3月末まで視聴可能です。

追加情報

開催日程
1月17日(水)19時 — 20時20分
会場
オンライン
テーマ
不安症のある子どもを持つ保護者による介入の可能性
備考

『不安症のある子どもを持つ保護者による介入の可能性』

   講師:大川翔 先生(オックスフォード大学 客員研究員)

   解説:石川信一 先生(同志社大学 心理学部 教授)

   モデレーター:安東大起(パーマネント・クリエイティブ・マインド 代表理事)

   日時:117()19時 — 2020(見逃し配信あり)

   場所:オンライン

   詳細・お申し込み:https://cbtseminar2.peatix.com

*当日の講演資料は、別売りです。希望者のみ1000円で購入することができます。

こちらのサイトで販売します。準備ができ次第、掲載いたします(セミナー1週間前を予定しております)。

追加情報

開催日程
1月13日(土)10時 — 11時
会場
オンライン
テーマ
「ACT 不安・ストレスとうまくやる メンタルエクササイズ」について、根掘り葉掘り聞こう
備考

『「ACT 不安・ストレスとうまくやる メンタルエクササイズ」について、根掘り葉掘り聞こう』

   登壇者: 武藤崇 先生(同志社大学 心理学部 教授)

   モデレーター:安東大起(日本公認心理師ネットワーク)

   日時:113()10時 — 11(見逃し配信あり)

   場所:オンライン

詳細・お申し込み:https://actmentalexercise2024.peatix.com

追加情報

開催日程
2023年4月21日(日) 9:00~12:30
会場
オンライン
テーマ
精神分析的サポーティブセラピー(POST)オープンセミナー2024
備考
 私たちはこのPOSTの入門書、『精神分析的サポーティブセラピーPOST入門』を2023年に出版、「たたき台としてのPOST」を提案しました。そこで提示したのはあくまで私たちのPOSTであり、完成形ではありません。全国津々浦々で日々POSTを営んでいる臨床家とともに、POSTを精錬させていきたいと思っています。そのため、2022年度から、実際にケースを検討する機会を設けています。
「ちゃんと構造化したセラピーができていない」とか「“精神分析的”なセラピーができていない」といった思いから、なかなか検討の場に出すことができずにいるケースを検討する場を設けることが目的の会です。
 2024年度事例検討会を開始するにあたり、オープンセミナーを開催します。前半の講義では、「POSTとマネジメント」というテーマでお話します。後半は実際に行われているPOSTのケースを皆で検討します。
 今自分のやっていることは意味があるようにも思うのだけど、教科書には書いてないので自信が持てない……。そんな方のご参加、お待ちしています。もちろん、意味がないのではないか、と悩んでいる方のご参加も歓迎です。
 
日時:2024/4/21(日)9:00~12:30
   9:00-10:30 岩倉拓によるPOSTの講義「POSTとマネジメント」&ディスカッション、質疑応答
         ※こちらは後日動画配信を行う予定です
   10:30-12:30 POSTケースの検討(助言:岩倉拓、関真粧美、山口貴史、山崎孝明)

料金:4,000円
参加資格
 臨床心理士か公認心理師の資格をお持ちの方、もしくはそれらの資格取得を目指しておられる大学院生
申込み方法
 以下のURLからお申込み下さい。
 https://forms.gle/83YVDPKSAympVFF69
詳細はこちら
 https://drive.google.com/file/d/1PX4m351EX9v18pWpUa8Y4n4-Bpw9pdwd/view?usp=drive_link
問い合わせ先
  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。(精神分析的サポーティブセラピー(POST)検討会事務局)