スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法- | 大阪府臨床心理士会

スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法-

2021年09月06日(月)

追加情報

開催日程
2021年11月23日
会場
zoomによるオンライン開催
テーマ
スクールカウンセラーのためのシステムズコンサルテーション-伝えたいことを伝えるために「聴いて話す」技法-
備考

講師 大河原 美以 先生​

臨床心理士・公認心理師​

大河原美以心理療法研究室 室長

 

日時:2021年11月23日(火・祝)10:00~16:00

 

講師プロフィール

 臨床心理士・公認心理師,博士(教育学)

 元・東京学芸大学 教育心理学講座 教授(2021年3月まで)

 専門は、親子の心理療法・家族療法・EMDR療法

 1997年9月より、東京学芸大学 助教授。

 2007年4月より、東京学芸大学 教授。

 2021年3月、23年7ヶ月勤務した東京学芸大学を(3年早く)早期退職。

 2021年4月、「大河原美以心理療法研究室」を開設。

 主要著書

 「いやな気持ちは大事な気持ち」(絵:山本実玖) 日本評論社 2021年

 「子育てに苦しむ母との心理臨床 EMDR療法による複雑性トラウマからの解放」 日本評論社 2019年

 「子どもの感情コントロールと心理臨床」 日本評論社 2015年

 「子どもたちの感情を育てる教師のかかわり-見えない「いじめ」とある教室の物語」 明治図書 2007年

 「怒りをコントロールできない子への理解と援助 教師と親のかかわり」 金子書房 2004年

 

 

講師から

 スクールカウンセラーにとって、教員に対して「コンサルテーション」を行うことは、重要な仕事の1つです。「コンサルテーション」とは、「教師役割に対する支援」を行うために対話をし、教師との連携を可能にするための関わりです。この「コンサルテーション」がうまくいくかどうかは、スクールカウンセラーが学校に勤務する上での「元気を維持できるかどうか」にも関わる重要な課題であるといえるでしょう。

 この研修会では、システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」の技法を学びます。伝えたいことを伝えるためには、「相手が話していることを聴く」技法が必要です。常識的ないつもの聴き方では、聴けていないことが多いのです。「ちゃんと聴いてコンテクストを把握する」ことができると、「相手に伝わる話」をすることができます。講義とシナリオロールプレイをあわせて行うことで、対話の技法をお伝えしたいと思っています。シナリオロールプレイは、Zoomのブレイクアウトルームの機能を利用することで、少人数での実施が可能です。

 

内容

前半:LIVE講演(約2時間)

 10:00~12:00

 システムズアプローチの考え方に基づく「システムズコンサルテーション」について解説

後半:シナリオロールプレイと振り返り、解説

 13:00~16:00

 事例の見立てと援助の方法をスクールカウンセラーの視点から体験

 

 

参加費 8,800円

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

 

以下の点にご留意ください

※臨床心理士または公認心理師の有資格者限定です。

※この研修は、資格認定協会の条件を満たした場合、臨床心理士の資格更新ポイントを申請する予定です。

※zoomを活用したオンライン研修会として開催します。

※zoomのブレイクアウトルームを使用します。

※オンライン会議室へのアクセスについてのサポートは行いません。

※事後の録画視聴はございません。

※ZOOMへの接続不良の場合などにも、一切のご返金は行いません。

 

お問い合わせ

お問い合わせは、下記お申し込みページ「主催者に連絡する」というアイコンからお願いいたします

 

お申し込み

https://peatix.com/event/1989101/

 

 

主催

子育てカウンセリング・リソースポート

https://www.resource-port.net/

茨城県守谷市薬師台1-7-5

 

共催

大河原美以心理療法研究室

https://mii-sensei.com/