研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
8月8日(土)19時〜20時
会場
Zoomオンラインセミナー
テーマ
外国人の子どもを「発達障害」と診断しそうになる際の留意点と課題
備考
【概要】外国人の子どもや海外で育った子どもの臨床をされる時に、生育環境やその家族のもつ文化が多様であるにも拘らず、言葉の遅れがあるから発達障害であると診断され、本人や家族が大きな精神的負担を抱くことを目の当たりにした経験はないでしょうか。今回はこうした発達障害と外国人の子どもをめぐる問題について、金春喜様を講師にお迎えしてお話を伺います。ご興味ご関心のある先生方は、是非ともご参加ください。
 
【講師】金春喜
(『「発達障害」とされる外国人の子どもたち』著者)
【日時】8月8日(土)19時〜20時
【会場】Zoomオンラインセミナー
【参加費】無料
【申込先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
【申込方法】件名に「第4回近畿大阪オンラインセミナー受講」と明記ください。内容には、氏名、所属、職種を明記の上、上記メールアドレスにご連絡ください。
 
企画・運営:近畿大阪メディカル

追加情報

開催日程
2020年11月~2021年9月(奇数月の日曜)13:00~16:00
会場
木立の文庫オフィス GROVING BASE 3Fイベントスペース(京都市下京区)烏丸駅・四条駅より徒歩10分程度
テーマ
からだの感覚に耳を傾けるフォーカシング対話法:研修
備考

わたしたちにとって“からだ”の感じは、人が生まれたときから身にそなわっている感覚ですが、社会の日常生活では、この身体感覚に目を向け「活用」することが少なくなってきています。

この研修では、身体感覚に今いちど目を向けて、“からだ”との対話を通して自分自身を理解することを試みます。そして、コミュニケーションにおいて身体感覚が重要であり、人と人とのつながりを促進するプロセスを体験します。その「対話」法のひとつとして、《フォーカシング》の世界へとご案内します。

フォーカシングのなかでも特に重要な「フェルトセンス」との関わりを通して、相手の身体感覚を理解し、実感として相手のことが分かる(共に感じる)感覚をつかんでいただければと思います。


◆講師◆
内田利広
京都教育大学教育学科教授、国際フォーカシングインスティテュート・コーディネーター


◆スケジュール◆
2020年】
1回:1122日(日) 
  身体感覚へのいざない~フェルトセンスとは?~
2021年】
2回:124日(日)
  身体感覚への関わり1~ショートフォーム~
3回:321日(日)
  身体感覚への関わり2~リスニングについて~
4回:523日(日)
  日常生活(仕事と家庭での生活)における身体感覚との付き合い方 
  ゲスト講師:永野浩二(追手門学院大学教授)
5回:725日(日)
  身体の感じを通した共感と傾聴~ビデオの分析~
6回:926日(日)
  からだにたずねる面接の実際~共感のトライアル~

◆参加費◆
・一般30,000円(原則6回通し参加)
      24,000円(前半13回のみ)

 その他、大学生・大学院生、日本フォーカシング協会会員の参加費についてはwebサイトでご確認ください。
https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

◆定員◆
20
名(最少催行人数:9名)

◆お申込方法・詳細案内◆
木立の文庫webサイト特設ページより
https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

追加情報

開催日程
2020年10月4日(録画配信 10/11~11/8)
会場
アスニー山科2階 実習室
テーマ
小・中学校におけるABA実践
備考

この度、当センターでは発達支援に係る専門職を対象としたスキルアップ研修を開催致します。

本研修では畿央大学 大久保賢一先生をお招きし、小・中学校でよくみられる子どもたちの行動問題の具体的な事例を用いながら、わかりやすくABA(※応用行動分析)について実践的に解説いただきます。ABAを用いて子どもたちの行動を理解し、ポジティブな行動を育む具体的な方法とコツを学びます。

スクールカウンセラー、教員、児童発達支援事業スタッフの方々はもちろん、教育・医療・福祉等に係る様々な他職種の方のご参加をお待ちしております。

 

※応用行動分析(Applied Behavior Analysis)は、世界的に特別支援、療育の領域で中心的な教育支援技術として使用されており、米国や英国の発達支援のガイドラインにおいて第一選択として推奨される最もエビデンスのあるアプローチです。

 

■ABA(応用行動分析)ワークショップ  ※オンライン参加(録画視聴)可能

内容:「3ステップで行動問題を解決する! ~小・中学校で役立つ応用行動分析研修~ 」

講師:大久保 賢一 先生 (畿央大学教育学部 現代教育学科 准教授) 

日時:2020年10月4日(日曜日)10時~16時30分 (5時間研修)

オンライン録画配信期間: 10/11(日)~11/8(日)迄

時間:10時~16時30分

会場:アスニー山科2F 実習室  (京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92)

※新型コロナウイルス流行状況によりオンライン参加のみにご変更いただく可能性があります

費用:10,000円

申し込みURL:http://urx.blue/W6Dp

 

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

追加情報

開催日程
①BSPオンライン紹介ワークショップ(オンラインのみ)(無料)(定員100名)(Zoom) 2020年8月2日(日) 13:30〜16:30 (13:00オンライン入室開始)   ②BSP 公式phase1トレーニング in 大阪(ドーンセンター/オンライン) 2020年9月20日(日) 10:00 (9:30開場)〜9月21日(月) 16:45 (2日間)
会場
①紹介WS(オンライン) ②トレーニング 現地会場(大阪ドーンセンター)/オンライン(Zoom)
テーマ
目と脳活動の関連を基盤とした、トラウマを【素早く】【根こそぎに】処理をする心理療法「ブレインスポッティング」(BSP)の紹介ワークショップ(オンライン/無料)と、公式phase1トレーニング(大阪/オンライン)のご紹介です。
備考

[BSP紹介WS(オンライン/無料) & phase1トレーニング(大阪/オンライン)] のご案内

トラウマに対して脳の調整(制御)「視点」により活性化させる心理療法BSPは、EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって、精神分析、SEEMDR等の影響を受けて開発され、瞬く間に世界に広がり、そしていま日本にも広がりつつあります。

BSPトラウマ処理に非常に効果的なだけでなく、CPTSD、全般性不安障害、パニック障害など幅広い適応ができ、欧米の臨床研究におけるトラウマ療法の効果比較でも高い治療効果が認められています。

この新しいサイコセラピーを、/()にオンライン紹介ワークショップ(オンライン/無料)でお伝えします。また、/20()~21()に公式Phase1トレーニング(2日間)(大阪/オンライン)BSP最も基盤となる理論視点を特定するための具体的な3つの方法を学んでいただけることとなりました。

米国、欧州などを始め世界30か国以上で開催されているBSPphase1トレーニングですが、日本では東京、名古屋、札幌に続き、今回2度目の大阪での開催となります。関西および西日本方面でのトレーニングをご希望の方は、是非この機会をご活用ください。

※ブレインスポッティング(BSP)の詳細についてはこちらをご覧ください:https://peraichi.com/landing_pages/view/20200920to21phase1btij

<日程>

    BSPオンライン紹介ワークショップ(オンラインのみ)(無料)(定員100名)(Zoom

2020年8月2日()  13:3016:30 (13:00オンライン入室開始)

    BSP 公式phase1トレーニング in 大阪(ドーンセンター/オンライン)

2020年9月20日() 10:00 (9:30開場)〜9月21日() 16:45 (2日間)

<参加資格> 医師・公認心理師・臨床心理士・心理系の大学院生※1・その他対人援助職※2 再受講枠へ参加の方※3

<参加形式(トレーニング)>現地会場(大阪ドーンセンター)/オンライン(Zoom)※4

<定員(トレーニング)>現地会場25名/オンライン25名※5

<申込期間(トレーニング)>76日〜830日(早割)  91日〜911日(通常)

<講師>鈴木孝信(ブレインスポッティング国際トレーナー/杏林大学/アダムズ州立大学)

<主催>ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J) http://btij.org/

<コーディネーター>西田正憲(臨床心理士)

※1 指導教官の推薦状が必要です。 

※2 BTI-Jにより認められた場合のみ参加可能です。事前の申し出がない場合、あるいは虚偽により参加の場合は修了証を発行できません。

※3 トレーニング再受講(37,500円)に参加できる方は再受講の方のみであり、過去にブレインスポッティングphase1トレーニングを現地で受講された方に限ります。

※4 オンラインでの参加にはzoomプログラム(無料)、ビデオ、マイクが必要です。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

※5 トレーニングでの現地とオンラインの参加方法については、申込フォームの必要事項アンケート項目の「参加形式の希望」で、現時点での希望をご選択ください。今後の情勢に鑑みて後日、参加方法を変更していただくことが可能です。また、現地ドーンセンターが利用不可となる可能性もあることをお含みおきください。

※懇親会の詳細は追ってご連絡します。今後の状況次第で変更・中止の可能性があります。

※臨床心理士の資格更新ポイント申請可能です。

<申し込み方法> 下記「こくちーず」HPより申し込みください。

「紹介ワークショップ8/() 13:01:0 ※無料(オンラインのみ)」 

https://www.kokuchpro.com/event/46781af7e94adaad278b0fe654c2f972/

phase1トレーニング9/20() 10:00 (9:30開場)〜21() 16:45 (2日間)

https://www.kokuchpro.com/event/da068113b2e3fc83c033c8c9773106cb/

追加情報

開催日程
2020年7月23日
会場
ZOOM
テーマ
COVID19禍での周産期女性への心理支援を考えるオンラインセミナー
備考

<概要>

日時:2020年7月23日(木) 10:00~12:40

(当日参加できない方は、後日録画を視聴できます。)

場所:ZOOM

料金:3300円(事前振込)

定員:100名

 

<内容>

 

このオンラインセミナーでは、COVID19禍で、産前・産後の女性に、心理支援としてできることは何か、を考えることを目的としています。

 

豪華な3名の講師に登場していただきます。

各先生、40分の講義と10分の質疑応答です。

 

①産科麻酔科医 山崎 ゆか 先生

テーマ『COVID19禍でのお産の現場についてー医療者の工夫と努力』

 

日々、帝王切開や無痛分娩をしている産科専門の麻酔科医のドクターです。お母さんたちが、安心してお産に臨めるように、情報発信もしておられます。

 

山崎先生には、感染対策をしながらのお産の現場がどのようなものなのか、また医療者の方々の努力と工夫について教えていただきます。

 

コロナの影響により、立ち合い出産ができないとか、里帰り出産ができないとか、たくさんの妊婦さんが不安を感じていました。

 

実際の現場では、お母さんたちはどんな体験をしているのでしょうか。

また、医療者の方々は、どのように寄り添いサポートしているのでしょうか。

 

「お産を愛している」山崎先生から教えていただきましょう!

 

②公認心理士・臨床心理士 宮崎 弘美 先生

テーマ『産後うつ自助グループの活動ー産後うつ自助グループをサポートしてきた経験から』

 

宮崎先生は、福島県の精神科で臨床をしておられます。日本で、周産期メンタルヘルス研究会(日本周産期メンタルヘルス学会の前進)ができた時から関わっておられ、長年、産後うつの自助グループをサポートしてこられました。

 

コロナによって、退院した後、お母さんたちが孤立することにより、メンタルヘルスの悪化が懸念されています。

 

産後うつの自助グループとは、どのような活動なのでしょうか?

産後うつの当事者の方は、この状況をどのように体験しているのでしょうか?

 

宮崎先生からは、産後うつ自助グループのご活動と、コロナ禍での必要とされる心理支援について、教えていただきましょう!

 

③臨床心理士・公認心理士 小川 朝子 先生

テーマ『コロナ禍における周産期の夫婦支援~オンラインカウンセリングの事例から~』

 

小川先生は、”業界初”の臨床心理士・公認心理師による、妊産婦さんのための心理的危機(産前産後クライシス)を専門とするカウンセリング施設をオープンされました。

 

6年間、対面だけでなく、オンラインカウンセリングにも取り組み、妊産婦さんとそのご家族をサポートされています。

 

コロナ離婚という言葉がはやっていましたが、周産期のご夫婦にも、関係の危機を迎えた方は多いことでしょう。

 

このような問題にこそ、私たち”心の専門家”が貢献できるのではないでしょうか。

 

小川先生には、コロナ禍における周産期のご夫婦を、オンラインでサポートし、うまくいった事例をご紹介いただきます!

 

この3人の先生のお話をまとまって聴ける機会は、他になく、とても充実した内容です。

 

周産期メンタルヘルス、産婦人科領域に従事されている方はもちろん、

 

・女性支援

・小児科領域

・母子保健、子育て支援の分野

・夫婦療法

・オンラインカウンセリング

 

などに関心のある方には、有益と思われます。

 

対象は、臨床心理士、公認心理師の方々を想定していますが、その他の専門職、一般の方も参加していただけます。

 

臨床心理士、公認心理士師として、妊産婦さんに寄り添うにはどうしたらいいか?

考えを広め、深めるきっかけになれば幸いです。

 

<お申込み>

ふじさわマターナルカウンセリングルームのホームページのお問合せフォーム、またはメール(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)より、タイトルを「ZOOMオンラインセミナー」として、氏名、メールアドレスを記入して送信してください。

 

<後日視聴について>

本セミナーは録画します。

お顔を出したくない方は、ビデをオフにしてください。管理の都合上、お名前は出ますので、ご了承ください。

 

後日、録画視聴を希望する方は、その旨、申し込み時にお知らせください。

 

 

 

追加情報

開催日程
9月27日(日)13:00〜18:00
会場
web会議室zoom
テーマ
コフートの自己心理学と米国精神分析学の新潮流
備考
[講師]  富樫公一(甲南大学/栄橋心理相談室)
[料金] CESC会員5,000円 有資格者一般7,000円
※臨床心理士資格継続のためのポイント対象授業です。

追加情報

開催日程
2020年8月30日から開催
会場
オンライン
テーマ
産業領域の臨床心理士向け研修会・事例検討会
備考

 

 一般社団法人 日本産業心理職協会では、2020 年度の研修会・事例検討会は、すべてオンラインでの実施を予定しております。 

 6回の研修会と2回の事例検討会を予定していますが、研修内容や実施方法等については、新型コロナウィルス の感染拡大や実施状況等を考慮して、変更することもございますので、ご了承のほど、よろしくお願いします。 変更等については、当協会ホームページでお伝えします。 

 

■研修会:参加条件 : 会員以外の方も参加できます
受講費 : 1全6回一括申し込み <会員のみ> 30,000 円 

2単回申し込み 会員:8,000 円/非会員:10,000 円 

 

第 1 回 研修会(全 6 回シリーズ)
2020 年 8 月 30 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)


 労働安全衛生総論 産業領域において健康管理活動のベースとなる労働安全衛生法や、連携が必要となる産業医との役割分担の在り 方等、職域における産業保健活動の基本事項を学びます。

 
講師: 株式会社 OH コンシェルジュ 代表取締役 東川麻子(産業医) 

 

第2回 研修会(全6回シリーズ)
2020 年 10 月 18 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)


 第 1 部: 産業心理職の役割 近年心理職は様々な領域で活躍していますが、産業領域と他領域での相違点、対応時の注意点、産業領域で関わ るスタッフとの連携などを通し、産業心理職の役割を考えます。
第 2 部: 発達心理の視点から働く人を診る(前半) 人々が生涯にわたって立場や役割の中で、自己と働くことを関係付け、意味付けながら、知的・身体的能力や情 緒的な特徴、価値観などを一人一人の生き方というプロセスから診ていきます。


 講師: 第 1 部:日本産業心理職協会 代表理事 森崎美奈子(臨床心理士) 

   第 2 部:杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 非常勤講師 松井知子(臨床心理士・公認心理師) 

 

第 3 回 研修会(全 6 回シリーズ)
2020 年 11 月 15 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)

 第 1 部: 産業心理職における「アセスメント」 

心理的支援を展開していくうえで、アセスメントが重要となる場合があります。ここでは、狭義の臨床心理学的 アセスメントではなく、産業心理職が活動するための「アセスメント」について、その考え方や実践を学びます。

 第 2 部: 発達心理の視点から働く人を診る(後半) 人々が生涯にわたって立場や役割の中で、自己と働くことを関係付け、意味付けながら、知的・身体的能力や情 緒的な特徴、価値観などを一人一人の生き方というプロセスから診ていきます。 

 講師: 第 1 部:東京理科大学工学部准教授 松浦真澄(臨床心理士・公認心理師)

   
第 2 部:杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 非常勤講師 松井知子(臨床心理士・公認心理師) 

 

第 4 回 研修会(全 6 回シリーズ)
2021 年 1 月 10 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)

 キャリア発達、キャリア開発

 講師: 法政大学 キャリアデザイン学部教授 廣川 進(臨床心理士・公認心理師) 

 

第 5 回 研修会(全 6 回シリーズ)
2021 年 2 月 21 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)

 第 1 部: 研修の進め方(メンタルヘルス・人材育成)
 第 2 部: 研修の進め方(キャリア・人材育成)


 講師:  第 1 部:三菱マテリアル株式会社 ガバナンス統括本部安全・環境部 安全衛生室  藤里智子(臨床心理士・公認心理師・保健師) 

     第 2 部:帝京平成大学大学院 臨床心理学研究科教授  馬場洋介(臨床心理士・公認心理師・キャリアコンサルタント) 

 

第6回 研修会(全 6 回シリーズ)
2021 年 3 月 14 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00) 

 公務員のメンタルヘルスを考える(ミニシンポジウム)

 講師:・杏林大学医学部衛生学公衆衛生学教室 非常勤講師 松井知子(臨床心理士・公認心理師) 

・Mental Health & Human Support With You 代表 川上晃代(臨床心理士・公認心理師) ・さくら心理事務所 代表 高橋由紀子(臨床心理士・公認心理師) 

 

■事例検討会:参加条件: 会員限定の参加になります 

受講費 :3,000円


■オンライン懇親会 :研修参加者を対象に、研修会の質問、現場の課題、悩み等を共有する場を作ります 

 

第1回事例検討会
2020 年 9 月 27 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)
 

 PCAGIP 事例検討法を用いて実施します。事例提供の事前準備等はありませんので、お気軽にご参加ください。 講師: 法政大学 キャリアデザイン学部教授 廣川 進(臨床心理士・公認心理師), 

さくら心理事務所 代表 高橋由紀子(臨床心理士・公認心理師) 

 

第2回事例検討会
2020 年 12 月 13 日(日)10:00~16:00 ※第2部:オンライン懇親会(16:00~17:00)
 

 PCAGIP 事例検討法を用いて実施します。事例提供の事前準備等はありませんので、お気軽にご参加ください。 講師:さくら心理事務所 代表 高橋由紀子(臨床心理士・公認心理師)  法政大学 キャリアデザイン学部教授 廣川 進(臨床心理士・公認心理師) 

 

 

<研修会のお問い合わせ>
一般社団法人 日本産業心理職協会 事務局 

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜 3-12-4 エクステ新横浜ビル 210
E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 HP:https://sanshinkyo.or.jp/ 

 

追加情報

開催日程
2020年8月23日(日)10:00~16:30
会場
オンライン上での開催(Zoomを用います)
テーマ
オンラインセミナー「WISC-4の実施・集計・解釈の実際」
備考

オンラインセミナー「WISC-4の実施・集計・解釈の実際」

■概要

 ウェクスラー児童用知能検査第4版(WISC-4)についてのセミナーです。このセミナーはWISC-4をまだ触ったことがない方、施行したことはあるがまだ件数が少ない方など初心者を対象にしています。

 WISC-4は医療機関や教育機関のみならず、さまざまな現場で使用されている児童用の知能検査です。知能の良し悪しだけではなく、神経心理的な観点からクライエントの能力を分析的に把握し、全体的な傾向を知ることができる非常にすぐれた検査です。また発達障害の見立てにも活用されています。

 セミナーの第1部では「WISC-4の実施と集計と解釈についての講習」として、基本的な実施法や集計の仕方、一般的な解釈についてレクチャーします。第2部では実際のデータを用いて、スコアリング、得点の換算、解釈までの一連の流れを説明します。

■講師

鈴木眞弓 先生(臨床心理士、心理オフィスKカウンセラー)

■日時

2020823日(日)

1部:1000分~1230

2部:1400分~1630

■オンライン開催

 Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。ちなみに、参加者は基本的には顔や声は出ない設定にしていますので、ご安心ください。

 参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

https://zoom.us/download

■参加費

9,000 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格

臨床心理士、公認心理師、心理職、言語聴覚士、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、教師、保育士、対人援助職、大学院生など。WISC-4に興味のある方、WISC-4の初心者、未経験者などを歓迎します。

■定員

10,000

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを申請する予定です。

WAIS-4受検体験

WISC-4ではありませんが、成人用のWAIS-4の知能検査を受けたことがない方には、WAIS-4の受検をすることができます。心理オフィスKの正規の料金になりますが、WAIS-4実施+レポート+フィードバック面接がセットで18,000円となります。希望者はご連絡ください。

■問い合わせ・申し込み

心理オフィスK 受付事務

参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「WISC-4セミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■申し込み期日

2020820日(木)まで。

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com/

横浜精神分析研究会( https://yokopsy.com/

■詳細

https://s-office-k.com/news/archives/218

追加情報

開催日程
2020年7月26日(日)午後1時から午後3時30分
会場
ZOOMによるオンラインセミナー
テーマ
臨床家のためのゲーム障害における保護者支援
備考

 このオンラインセミナーは、子どものゲーム障害に悩む保護者への支援についての知識とスキルを学ぶ講座です。ゲーム障害に関する基礎的な知識を学び、保護者支援の考え方や方法を学ぶことができます。また講座では、「C R A F T」という保護者支援に効果が認めれられているアプローチについても触れます。演習や実習を交えて深く理解することを目指しております。

 講師には、ネット・ゲーム依存に特化した回復支援サービス「MIRA-i」の代表である森山沙耶先生をお迎えして、現場の実践を踏まえてお話をしていただきます。

 

参加資格

 臨床心理士、公認心理師、学校心理士、臨床発達心理士、産業カウンセラーなどの心理職の資格を持ち、心理職として活動している方。

※学校心理士の資格更新ポイントB1として申請中です。

 

講師プロフィール

 講師:森山 沙耶(もりやま さや)

    ネット・ゲーム依存回復支援サービスMIRA-i(ミライ)代表

    ウェブサイト:

<a href="/https://www.mira-i.jp/">https://www.mira-i.jp/</a>

 資格:公認心理師、臨床心理士、社会福祉士

 

使用システムと事前サポート

 このオンラインセミナーでは、オンライン会議システムZOOM(ズーム)を使います。

 スムーズな参加のために事前サポート・直前サポートの2回の機会を設けております。

 

日時  : 2020年7月26日 (日)午後1時~3時30分

募集人数: 50名  受講料 : 3000円(税込み)

 

お申し込み・詳細情報は以下のリンク先からお願いします

<a href="/https://mirai-resourceport-1.peatix.com">https://mirai-resourceport-1.peatix.com</a>

 

主催

 子育てカウンセリング・リソースポート

 お問い合わせ:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 ホームページ:<a href="https://www.resource-port.net/">https://www.resource-port.net/</a>

 

追加情報

開催日程
2020年9月15日(火)12:00 ~ 2020年10月15日(木)12:00
会場
オンライン
テーマ
WAIS-Ⅳ
備考

講師に日本版WAIS-Ⅳ刊行委員である大六一志先生をお招きし、WAIS-ⅢからWAIS-Ⅳへの改訂点や 理論的背景、検査実施および行動観察の留意点、検査結果の解釈の仕方、支援・指導方針の立て方など、 WAIS-Ⅳを実施する際の大切な基礎について、教えていただきます。 
検査実施の具体的な教示法、事例を通して臨床実践への示唆も得られるでしょう。 
WAIS-Ⅳを実施している方、今後実施する可能性がある方、就職や臨床業務に従事するにあたり 基礎的事項などを習得したい方、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

当研修会は、2020年8月15日(土)開催の研修会を録画編集したものとなります。
なお、検査課題の内容を一部提示されますので、オンライン受講ではその部分のみ動画から割愛させていただきます。
WAIS-Ⅳ版元および講師の方針に基づきまして、検査内容の公開には細心の注意を払うことといたしましたので、ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  
 
【講師】 大六 一志先生
【配信期間】2020年9月15日(火)12:00 ~ 2020年10月15日(木)12:00
【参加費】一般:10,000円
         学生:8,000円(申し込みフォームにて学生証を添付してください) 
【申込方法】
下記アドレスの申込フォームから必要事項を明記の上、ご送信をお願いいたします。
https://ws.formzu.net/fgen/S8427772/

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 

参加費を納入された方に送られるIDおよびパスワードを入力することで視聴・閲覧可能とします。
使用する動画については、ダウンロードは禁止です。
 

当研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントが取得できるよう申請予定です。


<お問い合わせ先>
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-29-23
特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会
研修企画班 竹居田/小川/髙嶋
HP:https://www.msak.jp/
E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。