研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2022年2月19日
会場
オンライン
テーマ
シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』
備考
お世話になっております。一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインドの研修担当の香川と申します。現在、当法人では、シリーズオンラインセミナー『幼児期から思春期までの認知行動療法』を開催させていただいております。本研修では、子どもの心理的支援に関わる専門職としては知っておくべき知識・技法である認知行動療法について、複数回にわたってさまざまな先生をお迎えし、研修を行っていただいております。 
第10回は2022年2月19日(土)に開催させていただき、『子どもと保護者のセルフコンパッション』をテーマに、医療法人桜桂会 犬山病院 心理室主任の柳澤 博紀先生をお招きし、ご講演いただきます。 
 
・コンパッションとは 
・保護者にこそコンパッションが必要なわけ 
・海外における研究データ 
・心の絵本「ぼくふあんくん」紹介 
・子どもにコンパッションを育むには 
・コンパッションに焦点を当てた心理介入の実際 
 
などの内容を、このオンライン研修では含む予定です。 
見逃し配信もございます。 
 
研修会についての詳細のご確認・お申し込みは下記のURLより、よろしくお願いいたします。 
 
一般社団法人パーマネント・クリエイティブマインド 
研修担当 香川 葉月

追加情報

備考

(公社)葵橋ファミリー・クリニック主催の講演会の案内をいたします。  

昨年度に引き続き、鏡リュウジ先生をお招きしての講演会を企画しました。

前回と同様に濱野清志先生との対談も行います。

興味深い内容になっており、多くの方のご参加をお待ちしております。

講座内容の詳細及び申し込み方法は、お問い合わせ、もしくはホームページ

http://kyoto-afc/.jp/education_list.htmlをご覧ください。

《教育講座》

【後援会「タロット・ユング・エラノス 神話と物語のユング心理学」】

日程:2022227日(日) 14001700

              定員 対面30名・Zoom30名【先着順】

講師:鏡リュウジ先生(心理占星術研究家・翻訳家。京都文教大学客員教授)

   濱野清志先生(京都文教大学臨床心理学部教授/臨床心理士)

会場:日本聖公会 京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

参加費:一般3000円 学生1500円 AFC会員無料

   

追加情報

開催日程
2022年6月4日(土)・5日(日)
会場
オンサイト:AP大阪淀屋橋(大阪市中央区北浜 3-2-25)/オンライン:ZOOM
備考

■プレコングレス

『共感力の再考―コロナ後の時代へ向けて』

基調講演:山極壽一(総合地球環境学研究所)

指定討論者:河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター)、岩宮恵子(島根大学)

■ワークショップ

A 教育現場における「光」と「影」―教師の傷つき、SCの無力感―

講師:桑原知子(放送大学)

事例提供:【募集】

B ユング派の夢分析 =その意義とトレーニングと臨床=

講師:猪股剛(帝塚山学院大学)

C トラウマとレジリエンス

講師:豊田園子(豊田分析プラクシス)

事例提供:佐渡忠洋氏

D アクティブ・イマジネーションとしての「赤の書」入門-ユング心理学体系の源泉としての理解

講師:吉川眞理(学習院大学)

E 心理療法における内在的理解と「心理学的差異」の概念

講師:田中康裕(京都大学大学院)

事例提供:【募集】

■大会企画 ケース・シンポジウム

『ウイルスの感染拡大のイメージを表現し続けた思春期男子との心理療法』

事例提供者:野口寿一(島根大学)

指定討論者:川嵜克哲(学習院大学)、前川美行(東洋英和女学院大学)

ハイブリッド形式(オンサイト・オンライン併用)にて開催いたします。

・本大会への参加には、日本ユング心理学会(JAJP)の会員(入会手続き中も含む)であることが必要です。入会されていない方はこの機会に是非ご検討ください。

・ワークショップとプレコングレスは非会員の方もご参加いただけますので、奮ってお申し込みくださいますようご案内申し上げます。

・臨床心理士の資格更新ポイントとしては、ワークショップとプレコングレスへの参加で2ポイント、本大会への参加で2ポイントを取得できます。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

URLhttp://www.jajp-jung.info/conference.html

問い合わせ先e-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
ライブ配信:2022年4月17日(日)10:00~12:30、13:30~16:00 アーカイブ視聴:2022年4月18日(月)~2022年5月23日(月)
会場
Zoomをもちいたオンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動」
備考

オンラインセミナー「アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動」

■概要

 アタッチメントと発達特性は、特に子どもの臨床現場においては必ず見聞きするトピックです。アタッチメントの発達はまさに生まれた直後より始まり、発達特性もまた生まれた直後より子どもの発達に影響し続ける事を考えると、それは必然とも言えるかもしれません。

 しかし、いずれも人生のごく初期から子どもの育ちに強く関係するという事実は、時として子どもが示す行動がアタッチメント由来なのか、発達特性由来なのか判断を難しくさせる事もあります。

 また、アタッチメントの課題と愛着障害が混同されて使用されている場合もあり、そもそもアタッチメント自体が誤解されている印象も受けます。

 そのため、アタッチメントとは何か、子どもは通常どのような発達を辿るのか、その育ちが発達特性や主たる養育者などの影響を受けどのように分岐していくのか、それに伴いどのような行動上の問題が生じ、どのようにアセスメントし対応していくのかを、行動理論を交え、お話ししていきたいと思います。

 多少専門用語は使いますが、心理職だけでなく子どもに関わる様々な職種の方や保護者にも分かるようにお話します。心理職の方は1年目~5年目を想定しています。

■本セミナーで学べること

・アタッチメントの基礎知識

・一般的な子どもの発達

・発達障害や発達特性について

・行動のアセスメントと対応

(このセミナーでは対応出来ない事:愛着障害の詳しい事柄やトラウマ関連の事柄)

■講師

腰英隆 先生

 所属機関:発達支援事業所の管理者、児童発達支援管理責任者

 保持資格:臨床心理士、公認心理師

 所属学会:日本発達心理学会

 経歴:大学院修了後、引きこもりの社会復帰支援や中学校の相談員を経て、障害者支援施設にて約6年勤務。その際、行動上の問題の大きさや、それにより当事者の方々の生活だけでなく人権も大幅に制限される場面を目の当たりにし、早期支援の必要性を強く感じ現職に就く。現在では、子どもの発達のアセスメント(検査含む)と支援、関係機関との連携、調整、交渉、事業所内での人材育成、地域の幼・保園のコンサルなどを行っている。

■日時

ライブ配信:2022417日(日)10:0012:3013:3016:00

アーカイブ視聴:2022418日(月)~2022523日(月)

■オンライン開催

 Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。

 スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。

 参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

https://zoom.us/download

■アーカイブ視聴

 セミナーの様子は録画します。回線状況などで部分的にセミナーを見ることができなかった方や、ご都合でお休みされた方は後日にアーカイブで視聴することができます。アーカイブを視聴できる人はセミナーに参加申し込みされた方に限ります。

 アーカイブ視聴のみのお申し込みも可能です。

 視聴方法は参加費の振り込みの後に案内いたします。

■参加費

8,600

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良などで当日十分に視聴できない時でも返金します。

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、心理職、カウンセラー、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、看護師、保育士、教師などの資格をもつ対人援助の専門家、大学院生など。発達支援やアタッチメントに興味のある方ならどなたでも参加可能。また発達やアタッチメントに課題を抱える子どもをもつ家族や保護者の方。

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。

https://s-office-k.com/professional/seminar/contact

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを2条(4)の項目で申請する予定です。

■申し込み期日

ライブ配信に参加の方:2022414日(木)まで

アーカイブ視聴を希望の方:2022519日(木)まで

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com

■アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動セミナーの詳細

https://s-office-k.com/professional/seminar/semi-attachment-development

■その他のオンラインセミナーの案内

2022年度 横浜精神分析研究会-攻撃性と破壊性-

・抑うつに対する認知行動療法

・表現アートセラピーを学ぶ

・マインドフルネス認知療法の理論と実際

・子どもを支える親面接の実践

・対人援助職のための催眠入門

・カウンセリングで出会う3つの困難と対応:自死、思春期、面接の中断

・アタッチメントと発達特性から見る子どもの発達と行動

・開業臨床の始め方と続け方

・発達に課題のある子どものアセスメントと支援

詳細は以下のURLからご覧ください。

https://s-office-k.com/professional/seminar

追加情報

開催日程
2022年2月6日(日)10:30~16:30
会場
Zoomによるオンライン開催
テーマ
「第三性 Thirdnessの難しさと味わい」
備考

各位

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナーを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。

本年度も昨年度に引き続きオンライン開催となりますが、講義のみでなく事例検討も実施することといたしました。

詳細につきましては、ホームページ(https://inst.kipp-u.co.jp/)をご確認ください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー「こころの出会い」

--------------------------------------- 

第 7 回 2022年2月6日(日)10:30~16:30

テーマ:「第三性 Thirdnessの難しさと味わい」

講師 山本 雅美 武蔵境心理相談室

会場 ZOOMによるオンライン開催

【定員とスケジュール】

講義のみ(10:30~13:00)70名

講義+事例検討(10:30~16:30)20名

--------------------------------------- 

人の心と人の心の出会いとは、対人関係精神分析的心理療法の真髄と言える。自身の心が、また互いの心が出会うために相手を必要とするということがある。しかし、人と人の心が出会うためには少なくともその一方が、自らの心に出会うことを知っていなければならないと思う。セラピストにとって自身の心と出会うこと、クライエントが自身の心と出会うこと、そして両者の心の出会いについて、第3 thirdness(Benjamin, Ogdenら)をキーワードに考えてみたい。

 

オグデン(1996)「あいだ」の空間―精神分析の第三主体 新評論

---------------------------------------

 

申込方法:下記申込専用フォームよりお申し込みください。

 

2021年度KIPP対人関係精神分析セミナー

「こころの出会い」専用申込フォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S38820209/

 

受講料:講義のみ 3,000円、講義+事例検討 6,000円

申込期限:1月31日(月)

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

追加情報

開催日程
2022年3月20日(日) 10:00~16:00
会場
オンライン(Zoomウェビナー)
備考

講師に日本版WAIS-IV刊行委員である大六一志先生をお招きし、WAIS-IIIからWAIS-IVへの改訂点や 理論的背景、検査実施および
行動観察の留意点、検査結果の解釈の仕方、支援・指導方針の立て方など、 WAIS-IVを実施する際の大切な基礎について、教えていただきます。 
検査実施の具体的な教示法、事例を通して臨床実践への示唆も得られるでしょう。
WAIS-IVを実施している方、今後実施する可能性がある方、就労や臨床業務に従事するにあたり 基礎的事項などを習得したい方、皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
本研修会の参加方法はオンラインのみです。参加にはオンライン受講環境と、事前のお申込みが必要となります。

【講師】
大六 一志 先生
公認心理師・臨床心理士・臨床発達心理士・特別支援教育士 SV
放送大学客員教授、WAIS-III、WISC-IV、WPPSI-III 日本版刊行委員

【対象】
公認心理師・臨床心理士等、守秘義務のある専門職・受験資格保有者

【開催情報】
・日時:2022年3月20日(日) 10:00~16:00
・場所:Zoomウェビナー
・定員:500名
・参加費:10,000円

【申込方法】
下記アドレスから注意事項をご確認の上、必要事項をご入力いただき決済をお願いいたします。
※決済後に届きます確認メールには、研修の受講に必要な情報が記載されていますので、大切に保管してくださるようお願いいたします。
http://www.msak.jp/application_for_workshop.html

【質問事前受付フォーム】
WAIS-Ⅳに関して、講師の先生にご質問がある方は下記フォームよりご送信ください。
皆様のご関心が高い事項を研修内容に反映させていただきたいと思います。
https://ws.formzu.net/dist/S12367773/


当研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントが取得できます。

<お問い合わせ先>
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-29-23
特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会
WAIS-Ⅳ研修会 事務局 小川/髙嶋
HP:https://www.msak.jp/
e-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2022年2月20日(日)10:00~12:00
会場
ZOOM(リアルタイム、録画配信1ヶ月)
テーマ
この待遇でいつまで働くの?~雇用契約でおさえておきたいこと~
備考

皆さんは、自分の雇用契約書の内容をどの程度、理解しているでしょうか。職場から提示された契約書を、そのまま受け取り、内容を吟味することなく、サインしているということはありませんか。実は雇用契約書には、さまざまな情報があり、きちんと読み込んだうえで、雇用先と話し合うと、よりよい待遇や条件の改善に繋がるという場合も多くあります。しかし、契約書の基本的な読み方や、雇用主にどのように話をもっていくのがよいのか、などその知識や方法について学ぶ機会はなかなかありません。今回、当研究所では、経験豊富な社会保険労務士の先生をお呼びして、雇用の基本について学んでいきたいと思います。質疑の時間もありますので、聞きたいことをお聞きいただけます。
 非常勤の形態で勤務されている方や、改めて契約書の読み方について学びたい方など、多くの心理職のご参加をお待ちしております。

参加費:1500円
定員:先着95名
参加要件:雇用契約・条件に関心のある心理職
会場:ZOOM(リアルタイム、録画配信1ヶ月)
開催日時:2022年2月20日(日)10:00~12:00

講師:社会保険労務士法人 大竹事務所
   代表社員 社会保険労務士 大竹光明
 関西大学社会学部卒業後、大手労働保険事務組合に入職。1年目で建設業をメインに400社強の年度更新業務を担当。2006年、自宅を事務所に独立開業。その2年後に大阪市中央区に事務所を移転し、現在、個性たっぷりな職員と総勢9名でお客様のパートナーとしてお手伝い中。
 社員数1名~1万名規模企業の労務相談や手続き代行などの顧問業務をメインに現在に至る。他にも就業規則作成、ハラスメント研修、人事労務デューデリジェンスなどを最近は多くお手伝いしている。

詳細:https://kokoro-you.com/2021/12/30/koyou/
申し込み方法:https://you-info.jimdofree.com/

 

追加情報

開催日程
2022年3月6日(日)10:00~16:00
会場
ZOOM(リアル視聴のみ、録画配信なし)
テーマ
精神科臨床におけるテスト・バッテリー~その基本的な姿勢と考え方~
備考

臨床現場で心理検査のテスト・バッテリーを組むときに、どのような基準で組み合わせているでしょうか。「医師からオーダーされる通りに知能検査をとっているけれど、他に何を組み合わせるのがいいのかよくわかっていない」「職場で伝統的に組み合わせて実施する心理検査は決まっているけれど、なぜその組み合わせなんだろう…」「いざテスト・バッテリーを自分で組むとなると、どうすればいいのか、何が分かるのか基準が知りたい」などなど、現場で実は困っているというお声も多く聞きます。
 今回は、精神科臨床の現場でふだんから心理検査を実施している豊田佳子先生をお招きして、知能検査やパーソナリティ検査のテスト・バッテリーの基本的な理解や、クライアントと出会い、見立てる中で、どのようにバッテリーを構成していくかのプロセスについて、講義と事例検討を通して、深く学ぶ研修となっております。
 ご関心をお持ちの初学者の方や、改めてバッテリーについての知識を整理したい中堅の方に是非ご参加いただきたいと思っております。

参加費:5000円
定員:先着95名
参加要件:臨床心理士、公認心理師の有資格者
会場:ZOOM(リアル視聴のみ、録画配信なし)
開催日時:2022年3月6日(日)10:00~16:00
臨床心理士更新ポイント申請予定

講師:豊田佳子(共和病院/桜クリニック)公認心理師・臨床心理士。

追加情報

開催日程
2022年2月20日(日)10:00~12:00
会場
ZOOM(リアルタイム、録画配信1ヶ月)
テーマ
この待遇でいつまで働くの?~雇用契約でおさえておきたいこと~
備考

関西大学社会学部卒業後、大手労働保険事務組合に入職。1年目で建設業をメインに400社強の年度更新業務を担当。2006年、自宅を事務所に独立開業。その2年後に大阪市中央区に事務所を移転し、現在、個性たっぷりな職員と総勢9名でお客様のパートナーとしてお手伝い中。

 社員数1名~1万名規模企業の労務相談や手続き代行などの顧問業務をメインに現在に至る。他にも就業規則作成、ハラスメント研修、人事労務デューデリジェンスなどを最近は多くお手伝いしている。