研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年10月9日(土)14:30-17:00/10月23日(土)14:30-17:00
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
【オンライン研修】発達障碍のある人と共に 育ち合うための専門家セミナー(〜発達障碍支援のあり方を巡って〜)
備考

今回の研修では、大倉先生、勝浦先生お二人の先生をお招きし「発達障碍のある人と共に育ち合う-「あなた」と「私」の生涯発達と当事者の視点」の内容を中心にご講義いただき、これから発達障碍者の支援に関わっている初学者の方だけでなく、すでに支援に携わっている経験者の方にも、支援について学び考え、実践に活かすことができる有意義な研修となるよう進めていきたいと思います。

 

【研修内容及び講師】

10月9日(土)14:30-17:00

 発達障碍のある人を「支援」するとはどういうことなのでしょうか。

「支援ー被支援」という枠組みに囚われていると、一人の人間として相手を受け止める構えが損なわれがちで、そのことが、「支援」しているつもりがかえって相手を傷つけているという事態につながっていきかねません。今回の研修では「発達障碍のある人と共に育ち合う」ということをキーワードに、支援者側も一人の人間として成熟していく中でこそ初めて、発達障碍のある人との真の「出会い」も実現されるのではないかということについて考えていきたいと思います。

 

講師:大倉 得史先生

 京都大学総合人間学部卒業、2003年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了(博士 人間・環境学)。九州国際大学講師、同准教授を経て2009年より京都大学大学院人間・環境学研究科講師、2010年同准教授、2019年同教授。公認心理師、臨床心理士。

 

10月23日(土)14:30-17:00

 保育、教育の現場で活動されている人を中心とした研修です。発達障碍のある子どもたちを支援するときに生じる様々な難しさについて共に考えていくことができればと思います。そこから、発達障碍のある人たちと私たちとが、お互いにとっての「身近な他者」になっていくことの大切さを検討出来れば幸いです。

 

講師:勝浦 眞仁先生  

     2011年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(人間・環境学)。桜花学園大学保育学部准教授。公認心理師。

 

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(初心者の方でも歓迎です)、大学生・大学院生、発達障碍の方の支援に携わる保育士や教師、医師、キャリアコンサルタント、看護師、PSWなどの専門家の方の参加もお待ちしております。

 

【日程】2021年10月9日(土)14:30-17:00/10月23日(土)14:30-17:00

【参加費】

両日参加の場合:専門家5,000円、大学生・大学院生3,000円

1日参加の場合:専門家3,000円、大学生・大学院生2,000円

【定員】30名(オンライン研修となります)

【主催】メンタルライフサポートPrimoPasso

【お問い合わせ】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【参照HP(申し込み)】https://forms.gle/42J4TJETQLtSc6zR8

【チラシのダウンロード】https://drive.google.com/file/d/133k7avGOeYOMvGTILwE-BtiqsUh8gkqo/view?usp=sharing

 

10月9日、23日の両日をご参加いただき、5時間の研修を修了いただいた方は、臨床心理士資格更新ポイント申請予定です。ぜひ両日のご参加をお待ちしています。

 

追加情報

開催日程
■初級編:2021年11月15日〜12月15日 ■応用編:2021年2月20日〜3月20日
会場
オンライン研修
テーマ
2021年度WISC-Ⅳ研修会(初級編・応用編)
備考

【オンライン研修】2021年度WISC-Ⅳ研修会(初級編・応用編)
初級編では、WISC-Ⅳの概要、行動観察のポイント、解釈と検査結果から考える指導方針など、事例の理解に大切な基礎知識を学びます。
応用編では、解釈の基礎を押さえた上で、架空事例を交えた解釈・所見作成・フィードバックの仕方の習得を目指します。
そして、検査場面の行動観察や検査バッテリーから総合的に発達障害の特徴を理解し、学校や家庭での支援方法について学びを深めます。
安住先生の現場での豊富な臨床経験をご教授いただけるこの貴重な機会をどうぞお見逃しなく!
本研修会の参加方法はオンラインのみです。参加にはオンライン受講環境と、事前のお申込みが必要となります。

【講師】
安住 ゆう子(特定非営利活動法人フトゥーロ・LD発達相談センターかながわ所長)

【開催情報】
■初級編
・日時:2021年11月15日〜12月15日
・対象:WISC-Ⅳの施行経験がある方
・定員:500名
・参加費:10,000円
■応用編
・日時:2021年2月20日〜3月20日
・対象:WISC-Ⅳを日常的に施行している方
・定員:500名
・参加費:10,000円

【申込方法】下記アドレスから注意事項をご確認の上、必要事項をご入力いただき決済をお願いいたします。
http://www.msak.jp/application_for_workshop.html

【研修参加についての注意事項】
・本研修会は実技講習会ではありません。また、オンライン研修であるため検査用具は開示しません。
・本研修会は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントが取得できます。
 (初級編・応用編のどちらかへ参加で2ポイント、両方参加で4ポイント)

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

<お問い合わせ先>
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-29-23
特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会
WISC-Ⅳ研修会 事務局 小川/髙嶋
HP:https://www.msak.jp/
e-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年9月23日(木・祝)13:00~16:00
会場
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります
テーマ
オンラインセミナー「困難事例へのソリューション・フォーカスド・アプローチ」
備考

■概要

 ソリューション・フォーカスド・アプローチを臨床に取り入れるとしたら、クライエントについての考え方と、ゴールの作り方は知っていて損がないと思います。

 今回の「困難事例へのソリューション・フォーカスド・アプローチ」では、変化への動機づけがはっきりとしないクライエントとの取り組み方を取り上げたいと思います。たとえば、家族に引っ張って来られた方や、家族が変われば自分は楽になるという方などと、どのような治療の目標を描きだし、どのように関係を作ればいいでしょうか。

 ソリューション・フォーカスド・アプローチでは、変化を前向きに望んでいない方や積極的に取り組もうとしない方を、変化への準備がまだ十分に整っていない状態であると考えます。こころの相談室UPの松元大地さんにクライアント役をお願いして、ロールプレイをお見せしながら、クライエントにあわせた介入のレベルについて考えたいと思います。

 参加者の方にもその都度の御感想や御質問をいただきながら、一緒に考える研修にできると嬉しいです。もしも、ロールプレイを体験してみたい方や、取り組み方を考えてみたい事例を提示してくださる方がいらっしゃれば、当日おっしゃってくださいませ。

■講師

福地周子 先生(こころの相談室ねこのて代表、公認心理師、臨床心理士)

■アーカイブ視聴

 セミナーの様子は録画します。回線状況などで部分的にセミナーを見ることができなかった方や、ご都合でお休みされた方は後日にアーカイブで視聴することができます。アーカイブを視聴できる人はセミナーに参加申し込みされた方に限ります。

 視聴方法はセミナーに申し込みされた方に、セミナー終了後に案内いたします。

■参加費

4,100

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良で当日十分に視聴できない時には返金します。

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、看護師、臨床心理士養成大学院の院生など。

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は以下の申し込みフォームから必要事項を記入して送信してください。

https://s-office-k.com/professional/seminar/contact

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントについてはセミナーの時間が短く、要件を満たしていないため、申請できません。

■申し込み期日

2021921日(火)まで。

追加情報

開催日程
2021年11月5日~12月24日(配信)
会場
オンライン開催(オンデマンド形式)
テーマ
臨床イメージの働き
備考

大会運営・お問い合わせ先:日本描画テスト・描画療法学会第30回大会運営委員会(佛教大学内)

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

特別講演:「描画テストと描画療法の架け橋」講演者:高橋依子(大阪樟蔭女子大学名誉教授・日本描画テスト・描画療法学会会長)

特別コンサート:谷川俊太郎&谷川賢作コンサート「ことば、おと、そしてイメージ」

シンポジウム:臨床イメージの働き

指定討論者:藤原勝紀(京都大学教授、(公財)日本臨床心理士資格認定協会専務理事)

話題提供者:

「投映法における身体イメージ」松瀬喜治(佛教大学)

「箱庭と臨床イメージ」石原 宏(島根大学)

「内観における臨床イメージ」真栄城輝明(大和内観研修所)

以上に加えて研究発表・事例検討そして様々な描画技法に関するワークショップ、認定描画療法士研修会を開催。

プログラムの詳細は、大会HPをご参照ください(http://www.byoga30.jp/)

また、この学会、WS、研修会は、臨床心理士の資格更新の研修ポイントの申請対象となります。

追加情報

開催日程
2021年11月3日(水・祝) 10:00~16:30
会場
オンライン(ZOOMウェビナー)
備考

オンライン研修 ~今、改めて学ぶシリーズ#5~

 ~引きこもる心に寄り添うために~
“ほどよい母親”(D.W.ウィニコット)から“ほどよい親子関係”へ

講師:深津 千賀子(大妻女子大学名誉教授、千駄ヶ谷心理センター)

◆日 時 2021年11月3日(水・祝) 10:00~16:30
◆会 場 オンライン(ZOOMウェビナー)
◆会 費 5,000円
◆詳 細 http://saitokodomo.com/doc/kensyu211103.jpg

"ひきこもり"や"良い子"を演じ続けて生きている偽りの自己(false self)。その苦しみを脱ぎ捨てて成長するには、再接近期の母子の葛藤に割って入る父親の役目が大切です。
 D.W.ウィニコットは、絶対依存(absolute dependence)から相対依存(relative dependence)への早期母子関係と発達を詳らかにしました。その発達論と臨床を学び、さらに本当の自己(true self)を核にして自立して行くための「ほどよい親子関係」を学びます。

◆申込み方法
  以下を研修事務局 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお送りください
  1,氏 名
  2,よみがな  
  3,携帯電話番号(半角ハイフンなし)  
  4,お勤め先or所属
  5,職種or役職  
  6,臨床心理士資格登録番号(臨床心理士の方のみ)

 ※携帯アドレス docomo や ezweb からはトラブル頻発のためご遠慮ください
 ※数日経っても返信がない場合、他のメアドから再度お送りください

追加情報

開催日程
2021年11月7日(日)
会場
オンライン開催
テーマ
現代の子育てからみた子どものこころと遊び-新型コロナ流行の状況 を踏まえて
備考

一般社団法人日本遊戯療法学会第18回研修会

日時:2021年11月7日(日) 10時30分~16時30分
会場:Zoomによるオンライン開催
プログラム
10:30   開会挨拶
10:40~12:30 基調講演
「現代の子育てからみた子どものこころと遊び-新型コロナ流行の状況を踏ま
えて」

講師  高石 恭子 先生(甲南大学)

司会  小林真理子 (研修委員・放送大学)
13:30~16:30 事例シンポジウム
事例提供:「載せる遊びを展開させる幼児とのプレイセラピー」

指定討論:高石 恭子 先生(甲南大学)
     大山 泰宏 先生(放送大学)

司会   波多江洋介(研修委員・白百合女子大学)

1.参加資格
①日本遊戯療法学会会員
②臨床心理士または公認心理師の資格を有する非会員
③臨床心理学専攻の大学院生
 ※いずれも発表事例に関する守秘義務を遵守できる方
 ※オンライン配信に関する留意点を順守できる方

2.定員
150 名 ※参加者が多い場合は、学会員優先となりますのでご了承ください。

3.参加費
①会員 3,000 円
②非会員 4,000 円
③大学院生 2,000 円

4. 参加申し込み方法
電子メールでお申し込みください。受付は先着順になります。
必要事項【氏名(ふりがな)、参加資格種別(会員・非会員・大学院生)、臨床心理士の方は登録番号、所属、職名、メールアドレス】を記入のうえ、下記アドレスに2021年10月9日(水)までにメールにて申し込んでください。
(件名は「遊戯療法学会研修会の参加申込」としてください。)

  申込先メール このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

※この研修は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会にポイント申請する予定です。
詳細は学会ホームページをご覧ください。

日本遊戯療法学会HP https://www.playtherapy.jp/

追加情報

開催日程
2021年10月3日(日)10:00~16:30
会場
Zoomミーティング
テーマ
心理療法における「場」とは、「経験」とは?クライエントとセラピストの間に何が起きているのか?
備考

講師:小松貴弘

   神戸松蔭女子学院大学人間学部教授

対象:公認心理師・臨床心理士・心理士(師)を目指す大学院生

受講料:全日程参加・・7000円(学生5000円)

    講義のみ参加・3000円(学生2000円)

定員 :全日程参加  30名

    講義のみ参加 30名

スケジュール:

 10:00~12:30 講義

 13:30~16:30 事例検討

*日本臨床心理士資格認定協会研修ポイント申請

 予定

お申し込み方法:当相談室ホームページの申し込みフォームでお申し込みができます。

メールの場合は

   宛先 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 件名 臨床セミナー2021申し込み

 本文 ①お名前とご所属

    ②臨床心理士・公認心理師の資格の有無

     または学年

    ③連絡先メールアドレス

    ④参加形態 「全日程」または「講義のみ」

追加情報

開催日程
2021年10月9日
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
家族療法入門講座
備考

主催:一般社団法人国際心理支援協会


[
講座概要] 家族療法は、単なる複数人の家族成員との合同面接ではなく、システム論や社会構成主義、コミュニケーション理論などに基づく「コミュニケーションの相互作用」にフォーカスしたアプローチです。公認心理師の業務として「関係者への面接」も含まれることが、公認心理師法に明記されています。元来、心理療法では1対1の形式が主流であったため、あまり親子や家族、夫婦など複数人の面接は想定されておらず、トレーニングも限定されていました。ですが、実際の生活場面・社会場面を考えると、ひとの心や精神症状は独立して存在するものではなく、人間関係が必ず関わっています。家族療法では、そういった家族や夫婦などを代表とした人間関係のコミュニケーションに変化を起こすことで、結果的にひとの心や精神症状、問題(とされていること)にも変化を起こすことを目指します。

家族療法の考え方やスキルは、決して家族面接にとどまらず、通常の個人面接での多面的な視点につながることでしょう。

[実施概要]

※入門講座では、事前に収録した動画を配信します。配信の途中に質疑応答セッションの時間を設けます。

※当日視聴が難しい方は、後日動画視聴も可能ですが、臨床心理士ポイントは付きません。また、その講座での質疑応答セッションはございません。

【日程】

日時:2021109日(土)開場93010001600*昼休み1時間、適宜休憩あり。

場所:オンライン(ZOOM使用)

受講料:9,500(税込)

受講要件:公認心理師、臨床心理士、医師、その他対人援助職(公認心理師試験受験資格を取得予定の方を含む)、心理その他対人援助職になるための大学院生。

定員:495

講師:浅井伸彦(国際心理支援協会)

備考:臨床心理士ポイント申請予定

参考書籍「はじめての家族療法~クライエントとその関係者を支援するすべての人へ~」北大路書房

※講義で用いますが、お持ちでなくてもご参加いただけます。
お申込みは以下のURLから
https://ws.formzu.net/fgen/S73968557/

追加情報

開催日程
2021年12月4日(土)10~16時(9:30受付開始)
会場
国立病院機構 大阪医療センター 緊急災害医療棟2階 視聴覚室(最寄り駅:地下鉄「谷町四丁目」)
テーマ
HIV感染症に係る事例検討
備考

◆対象:近畿ブロック内の自治体・拠点病院・中核拠点病院等の臨床心理士、公認心理師、心理職、カウンセラー、もしくはHIV感染症に関わるカウンセリングに関心のある臨床心理士、公認心理師、心理職、カウンセラー、臨床心理学専攻の大学院生。

         ※各施設から複数名ご参加いただく    ことも可能です。

◆研修形式: 事例検討会(午前・午後それぞれ1事例を検討)

◆プログラム

◎午前の部:10:0012:002時間)事例検討(参加者間で検討、コメンテーターなし)★

◎午後の部:13:0016:003時間)事例検討(コメンテーターを迎えて検討)

午後のコメンテーター:中田行重先生(関西大学大学院教授、臨床心理士)

 

◆申込方法:別紙(参加申込票)に必要事項をご記入の上、FAX06-6943-6467)でご返送下さい。e-mailでのお申込みの場合は、同項目についてもれなくご記入の上、当院臨床心理室:担当森田morita.mako.gtmail.hosp.go.jpまで(★を@に変えて)お送りください。受け付けましたら、メールでお返事させて頂きます。お申込み後10日経っても返信がない場合はお手数ですが、必ずお問合せ下さい。旅費等の支給はございません。何卒ご了承ください。

 ◆◆◆尚、本研修会は臨床心理士の継続研修ポイント(第2(4)ワークショップ)の申請を予定しております。

臨床心理士の方は、申込票に臨床心理士番号をご記入ください。(但し全日参加された方のみ)

 

定員:30名(応募が多数の場合は、エイズ治療拠点病院や派遣カウンセラーを優先させて頂きます。)

 

参加申込み締切  117 日(日) (事例提供希望の締切は930()  必着

◎◎◎参加希望の方へのお願い:新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用、手指消毒、換気、座席間隔を保つ等の感染対策を実施の上、検温含む体調管理・報告にもご協力を頂きます。発熱等ある場合はご参加頂けない場合があります。また、新型コロナウイルスの感染状況により、本研修会そのものが中止となる場合もあります。予めご承知おき下さい。

<申込みおよび問合せ先>大阪医療センター臨床心理室  森田眞子

FAX :06-6943-6467(代)

e-mail morita.mako.gtmail.hosp.go.jp

(★を@に変えて送信下さい。)

電話:06-6942-1331(代) 

540-0006  大阪市中央区法円坂2-1-14